FC2ブログ

How to 劇作家女子会。

2020.12.31 00:46|お知らせ
インタビュー写真
前列:坂本鈴
後列左より、黒川陽子、モスクワカヌ、オノマリコ

公式ホームページ
http://gsjoshikai.tumblr.com/

【過去公演の感想まとめ】
第一回公演 『劇作家女子会!』感想まとめ

第二回公演 『劇作家女子会!R-WORLD PREMIERE-』の感想まとめ。

第三回公演 『人間の条件』感想まとめ

【その他まとめ】
劇作家女子会。『黒川陽子vsモスクワカヌ 激突!カルボナーラ対決!』の軌跡

【掲載情報】
2017年5月8日 朝日新聞夕刊にインタビューが掲載されました。
http://www.asahi.com/articles/DA3S12927267.html?iref=line
※全文閲覧には会員登録が必要です。
スポンサーサイト



「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」無事に終了しました。

2020.09.12 09:40|お知らせ
「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」、おかげさまで無事に終了しました。

当日ご視聴頂いたお客様、アーカイブ視聴希望でチケットをご購入いただいた皆様。
そして、お忙しいなかご登壇頂いたゲストの福井健策氏、パネラーの川口典成氏、黒澤世莉氏、本当にありがとうございした!

もともとは3月に予定していたイベントでしたが、新型コロナの影響で延期となっていたところ、今回豊岡演劇祭のフリンジ枠で開催することが出来て、劇作家女子会。メンバーも感無量です。

お世話になった豊岡演劇祭の関係者の皆様にも、御礼申し上げます。

オンラインでの勉強会という試みは、劇作家女子会。で初めてでしたが、おかげさまで大きなトラブルもなく進行することが出来、今後私たちが行うイベントの形に新しい可能性が見えたのではないかと思います。

自分の死後の作品をどうするのか。
すでに亡くなられている人の作品の使用許可はどのようにとればよいのか。
権利が曖昧になった作品はどうなるのか。
等等。

法律のプロ、演出家、劇作家、それぞれの視点から、作品の持つ権利と、その権利について知ることの大切さを学び考える、有意義な時間になったのではないかと思います。

著作権は、創作をしている人や活動に深く関わってくる知識ですが、一般に知られていないことも多く、その権利のもつ力や知識の大切さが十分にシェアされていない現状があります。
劇作家女子会。は、『劇作家女子会。のQuest』の企画の一つとして、著作権についての知見を深めたり、広げたりする機会を作っていきたいと考えておりましたが、今後もその活動を継続していきたい!という気持ちを新たにしました。

ご参加いただいた皆様、あらためて、ありがとうございました!


(文責:モスクワカヌ)

【チケット発売開始!】 「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」オンライン勉強会のお知らせ

2020.08.20 09:42|お知らせ

豊岡演劇祭2020のフリンジ枠にて開催されます、劇作家女子会。の著作権勉強会。
チケット発売中です。

オンライン開催となるため、全国どこからでも参加が可能な勉強会です。
また、チケットをご購入頂いた方にはアーカイブ映像(抜粋)を配信致しますので、空いてるお時間に視聴ができます。

以下に詳細を記載しましたのでご確認ください。

皆様のご参加をお待ちしております。



「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」

2018年の著作権保護法の改正により、日本での原則的保護期間が50年から70年になりました。
劇作家女子会。は「死後に戯曲が残る劇作家」になることを目指し、それぞれ活動をしています。わたしたちにとって、著作権保護期間のこと、その延長のこと、自分の死後のことは重大な問題です。
「わたしの死後を生き抜く戯曲のために、わたしは生前どのような準備をしておくといいのだろうか。」
それを考えたくて、勉強会を開こうと思いました。
ゲストに著作権に造詣の深い弁護士の福井健策氏を、パネラーに演出家の川口典成氏と黒澤世莉氏をお呼びして、著作権について考えを深める会をつくります。


会場:オンライン
日程:9月10日(木)18:00~20:00
料金:2,000円

ご予約はこちらから→
http://ptix.at/q9Tp2w


≪内容≫
福井健策氏による著作権についてのレクチャー
◎著作権とは
◎著作権保護法について
◎著作保護期間が延長したことの意味
◎著作物を死蔵にさせないためにできること
(「著作物の扱いを意思表示する アイコン」などがあるといいのではないか)

※最後に、劇作家女子会。メンバー、それぞれの死後のライセンスのあり方を発表します。


ゲスト:福井 健策氏(弁護士)


弁護士。ニューヨーク州弁護士。1991年、東京大学法学部卒業。米コロンビア大学法学修士課程修了。
骨董通り法律事務所 For the Arts代表パートナー、日本大学藝術学部・神戸大学大学院客員教授。
専門分野は芸術文化法、著作権法。thinkC世話人。国立国会図書館審議会・デジタルアーカイブ学会ほか委員・理事を務める。
主な著書に『18歳の著作権入門』(ちくまプリマー新書)『著作権の世紀─変わる「情報の独占制度』(集英社新書)など。


パネラー:川口典成氏(日本演出者協会)


1984年、広島県生まれ。東京大学思想文化学科宗教学宗教史学 専修課程卒業。同修士課程修了。ピーチャム・カンパニーの代表・ 演出として活動。現在は、川口個人として演劇実験場であるドナル カ・パッカーンを立ち上げ、 日本における演劇と戦争との蜜月にある「歓び」を探求し、 2019年11月に森本薫『女の一生』の戦時下初稿版を初演以来 初めて完全上演。2020年7月にはコロナ禍のただなかで感染症 をモチーフとする野田秀樹『野獣降臨』を緊急上演した。 外部演出として、2015年に『ザ・モニュメント
記念碑』(作:コリーン・ワグナー)、2018年には同作品にて 東京、大阪、那覇の3都市公演。2020年に江戸糸操り人形の一 糸座『おんにょろ盛衰記』(作:木下順二)を演出。

パネラー:黒澤世莉氏(日本演出者協会)

演出家。2016年までの時間堂主宰、以後フリー。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテーターとして日本全国で活動。公共劇場や国際プロジェクトとの共同制作など外部演出・台本提供も多数あり。「俳優の魅力を活かすシンプルかつ奥深い演劇」を標榜し、俳優と観客の間に生まれ、瞬間瞬間移ろうものを濃密に描き出す。俳優指導者としても新国立劇場演劇研修所、円演劇研究所、ENBUゼミ、芸能事務所などで指導を歴任。高校演劇審査講師、企業研修ファシリテーターなどアウトリーチ活動も積極的に行う。

主催:劇作家女子会。
提携:豊岡演劇祭実行委員会


<免責事項>
■キャンセル・再発行について
・ご購入後は原則として、開催中止の場合を除き キャンセル・返金不可です。
・やむを得ない事情によりキャンセルの場合は主催者までご連絡ください。
・チケットは、紛失、盗難、破損、 その他いかなる事情によっても再発行いたしません。

■譲渡について
チケットの譲渡は不可です。

■販売の終了・再開について
チケットの販売期間中であっても、販売予定枚数に達した時点で販売を終了いたします。
但し、追加開催を行う場合は、 チケット販売を再開することがあります。


「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」オンライン勉強会のお知らせ

2020.08.16 15:21|お知らせ

2020年3月に企画されながら延期となった、劇作家女子会。による著作権勉強会。

この度、豊岡演劇祭2020のフリンジ枠にて、オンライン勉強会という形で開催されることが決定しました。
オンライン開催となるため、全国どこからでも参加が可能です。以下に詳細を記載しましたので、ご確認のうえ、ご参加ご検討頂ければ幸いです。

8月20日よりweb上にてチケット発売が開始されます。
皆様のご参加をお待ちしております。



「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」

2018年の著作権保護法の改正により、日本での原則的保護期間が50年から70年になりました。
劇作家女子会。は「死後に戯曲が残る劇作家」になることを目指し、それぞれ活動をしています。わたしたちにとって、著作権保護期間のこと、その延長のこと、自分の死後のことは重大な問題です。
「わたしの死後を生き抜く戯曲のために、わたしは生前どのような準備をしておくといいのだろうか。」
それを考えたくて、勉強会を開こうと思いました。
ゲストに著作権に造詣の深い弁護士の福井健策氏を、パネラーに演出家の川口典成氏と黒澤世莉氏をお呼びして、著作権について考えを深める会をつくります。


会場:オンライン
日程:9月10日(木)18:00~20:00
料金:2,000円
※8月20日より発売開始。

ご予約はこちらから→
http://ptix.at/q9Tp2w


≪内容≫
福井健策氏による著作権についてのレクチャー
◎著作権とは
◎著作権保護法について
◎著作保護期間が延長したことの意味
◎著作物を死蔵にさせないためにできること
(「著作物の扱いを意思表示する アイコン」などがあるといいのではないか)

※最後に、劇作家女子会。メンバー、それぞれの死後のライセンスのあり方を発表します。


ゲスト:
福井 健策氏(弁護士)



パネラー:
川口典成氏(日本演出者協会)
黒澤世莉氏(日本演出者協会)


主催:劇作家女子会。
提携:豊岡演劇祭実行委員会


<免責事項>
■キャンセル・再発行について
・ご購入後は原則として、開催中止の場合を除き キャンセル・返金不可です。
・やむを得ない事情によりキャンセルの場合は主催者までご連絡ください。
・チケットは、紛失、盗難、破損、 その他いかなる事情によっても再発行いたしません。

■譲渡について
チケットの譲渡は不可です。

■販売の終了・再開について
チケットの販売期間中であっても、販売予定枚数に達した時点で販売を終了いたします。
但し、追加開催を行う場合は、 チケット販売を再開することがあります。


坂本鈴主催、劇作勉強会オンラインのお知らせ。

2020.08.08 23:04|お知らせ
劇作家女子会。のリーダー、坂本鈴が主催する「劇作勉強会」。
活躍するの劇作家が月替わりで登壇し、講義やワークショップを行う、劇作を志す全ての人のための少人数セミナーが、7月からオンラインになって再開しました

次回8月11日のセミナーには、熊本から不思議少年の代表、大迫旭洋氏がご登壇。
劇作初心者向けと経験者向け、それぞれのワークショップを行います。

自分に合う方を受けるもよし、両方受けるもよし。
劇作に興味関心がある方、志す方、愛する方、皆様におすすめです
以下に勉強会の詳細を記載しました。
ただいま予約受付中です。
ご参加、お待ちしております

◾️日時
8/11(火)


17:00 ~オンライン短編劇作ワークショップ〈初心者向け〉


お申し込み→https://peatix.com/event/1577714/view

「戯曲って何?」から始めて3分のスケッチを書き上げる。初めての方向けの劇作ワークショップです。
ちょっと書いてみたいと思っている方、書く予定はないけど戯曲のことをもっと知りたいとおもっている俳優さんなど、どなたでもご参加いただけます。

19:30~オンライン短編劇作ワークショップ〈経験者向け〉


お申し込み→https://peatix.com/event/1581577/view

書けないときのとっておきの発想法で沢山書こう!制約と遊ぶ劇作ワークショップ。
一度でも戯曲を書いたことがある方ならどなたでもご参加いただけます。
「書けない…」と悩んでいる方におすすめです。

◾️料金
2000円
◾️講師
大迫旭洋(おおさこてるひろ)

1988年生まれ、宮崎県出身。 熊本大学在学中に「不思議少年」を結成、代表になる。
短編演劇コンクール「劇王 天下統一大会2015」全国優勝。
日本演出者協会「若手演出家コンクール2014」優秀賞・観客賞を受賞。
東京での滞在制作やNHKラジオドラマの脚本も手掛けている。





08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR