オノマリコ生誕祭&クリスマス2017

2017.12.28 00:05|日々のこと
12月22日は、劇作家女子会。の黒幕、オノマリコの誕生日。
ついでにクリスマスも近いということで、劇作家女子会。では先日、オノマリコ生誕祭とクリスマスを同時開催しました。

劇作家女子会。が集まって何かする…というのがすでにフラグ。
はたして、当日は無事に全員時間通りに集まれるのか

と、メンバー同士がヤキモキしていましたが、結論から言うと

オノマリコ→主役。時間通り。
坂本鈴→珍しく時間より早めにつく
黒川陽子→遅刻
モスクワカヌ→体調を崩して集まりの直前までダウン

という、メンバーのうち半分が優秀な結果におわりました。これは劇作家女子会。の歴史から言えば快挙といっていいかもしれません。とくにリーダーの坂本鈴が時間より早めに到着したことに驚く一同。

黒川陽子「えっ、なんで
坂本鈴「えっ、理由が必要…

たまに遅刻しないと驚かれるリーダー、坂本鈴。

本日はオノマ・モスクワ邸を会場にして、持ち寄りパーティーです。
黒川陽子はデリ風カボチャサラダ。
坂本鈴が火鍋。
オノマリコが鶏肉の揚げ物。
モスクワカヌがボルシチという多国籍パーティー。

が、直前までモスクワカヌが寝込んでいたためボルシチが未だならず…。
モスクワカヌがボルシチを作っている間、他3人でカナッペをつくるところから始まるパーティー。

オノマリコ「食パンあるよー」
モスクワカヌ「足りなくない?バケットも必要だよね?」
黒川陽子&坂本鈴「…」
オノマリコ「今の沈黙はね、ワカヌちゃん以外の3人は足りるって思ったけど、でもワカヌちゃんいるしなあ…という沈黙ね」



黒川陽子「インスタ映えを狙おう
オノマリコ「これは可愛い女子会っぽい
モスクワカヌ「私達いつまでもこのテンションだね…」
坂本鈴「息をするように女子会をできない…」

劇作家女子会。を結成して4年になるのに、いまだに「女子会」にコスプレ感のある4名です。
インスタ映えのするカナッペに、坂本鈴のまったくインスタ映えしない火鍋をくわえて宴のスタート。



「インスタ映えを遠く離れて」

シャンパンで乾杯します


ここでリーダーから衝撃の告白。

坂本鈴「実は私、二日酔いです」

インスタ映えするキラキラ女子会を気取ろうとしても、何故かちょっと妙なことになってしまうのは劇作家だからなのか、職業のせいじゃなくて私達だからなのか。

とはいえ、美味しい食事とお酒とともに、今年の振り返りや来年早々の戯曲のワークショップ。「みんなで旅行いこーぜ!」という話から次回の公演について等々、話は弾みます。

坂本鈴「陽子ちゃんのカボチャサラダ美味しい」
黒川陽子「ありがとう。前回カルボナーラ対決で失敗したカボチャのスープのリベンジだよ」
モスクワカヌ「あのスープ美味しかったけど?」
黒川陽子「うん、ワカヌちゃんにだけ好評だったスープね」
オノマリコ「劇作家女子会。で旅行したい…台湾いきたい…」
坂本鈴「いいねえ、夏かな?」
モスクワカヌ「ボルシチできたよー」



宴の中盤、モスクワカヌがボルシチを作り、オノマリコがおもむろに手羽先をあげはじめます。

坂本鈴「うーん、ちょっと横になっていい?」
モスクワカヌ「どうぞー」
オノマリコ「30過ぎたら恋愛とかあんまり必要ない気がする」
坂本鈴「(ガバリと起き上がり)それは違う
黒川陽子「力尽きてたリーダーが立ち上がった…」

恒例のかみ合わない恋バナも健在です。



ケーキはホールではなく1人1個ずつ。

黒川陽子「ね、これ皆で一口ずつまわして食べよう

ということで、巷で女子っぽいと評判の「ちょっと一口」でケーキをシェアしていく劇作家女子会。
数年前、原宿のおしゃれカフェで誰一人シェアする気も発想もなく、全員おなじ焼きチーズカレーを頼んでいたころと比べると雲泥の差です。やはり4年もたつと進歩はしているのか、劇作家女子会。

ラストはオノマリコへのプレゼント贈呈式。
「皆に私のことをかんがえながら香水を選んでもらいたい」というオノマリコの鶴の一声で、全員がオノマリコのことを考えながら選んだ香水を贈ります。

トップバッターは黒川陽子。
緊張のおももち。



黒川陽子「マイウェイ、という名前がリコさんぽいと思って選びました。テーマは意外と優しい、です」
オノマリコ「あ、大人っぽいいい香り



次は坂本鈴。
坂本鈴「ロクシタン好きなんだけど、これはシャクヤクの香りのやつです」
オノマリコ「おお、華やかだね
モスクワカヌ「立てばシャクヤク、のやつだね」



最後の献上はモスクワカヌ。
モスクワカヌ「モリンガっていう花のトワレだよ、クールだけど冷たくない感じなので選びました」
オノマリコ「エキゾチックで素敵

それぞれ、生誕祭の主役に喜んでもらえたようで何よりでした。



女子会。らしく、とりとめなく愉快な感じでゆるゆるしつつ、合間合間に今後の展開など大事なことを話したりした、2017年に劇作家女子会。の4名が集まるラスト・パーティー。



皆様も、どうぞよいお年を



スポンサーサイト

結婚式と披露宴。

2017.06.12 18:01|日々のこと
6/10に、劇作家女子会。メンバー、黒川陽子の結婚式と披露宴がありました。

リーダーの坂本鈴はご家族よりも先に泣き、オノマリコも涙ぐみ、モスクワカヌは胸いっぱいで食べれないという2人から、デザートのケーキをそれぞれもらって食べました。(つまり3人分・・・)

素敵なホテルでの、温かく和やかな式と披露宴。両家のご親族と共に、劇作家女子会。メンバーも心からの祝福を新郎新婦に贈りました。

陽子さん、パートナーの方と末永くお幸せに

そして人妻になっても女子会。メンバーとして、私たちのことも末永くよろしくお願いします



謹賀新年2017!

2017.01.01 16:26|日々のこと
あけましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました。

私達にお力添えを頂いたスタッフキャストの皆様。

ご来場頂いたお客様。

関わってくれた全ての方々に感謝です

皆様とって、今年一年がよき一年になりますように。

今年、私達は5月にミュージカル公演を行います。
オーディション参加者募集中です
詳しくはこちらから。

干支にあやかって、飛翔の一年にしたいと思います。

どうぞ本年も劇作家女子会。をよろしくお願いいたします

「劇作家女子会!R」出演者オーディションが終了しました。

2016.02.29 10:45|日々のこと
「劇作家女子会!R」の出演者オーディション、おかげさまで多くの方にご参加頂き、無事に終了致しました。



二日間にわたるオーディションでは、演出家の古川貴義さんによるスムーズな進行と采配で、女子会。メンバーそれぞれの台本をじっくり演じて頂きました。

メンバー4人の作劇タイプがまったく違うので、全て演じてもらうことで個々の俳優の色や形がどんどん見えてくるのが面白い。
身体が武器になる方、ダイアローグでの柔軟さが素晴らしい方、モノローグでの世界観の立ち上げが秀逸な方、変化球を繰り出し続ける方、職人のように手堅く安心感のある方・・・・・・。

色彩豊かな俳優陣にご参加頂けて、審査をするのに嬉しい悲鳴をあげています。

すでに台本の構想や役柄がある程度決まっている段階でのオーディションでもあり、全ての方とご一緒できないのは残念ですが、女子会。メンバーも、よい脚本を書いてよい舞台にするぞ!という気持ちをあらたにしました。

私たちに会いにきて下さった参加者の皆様、そしてご応募頂いた皆様との出会いに、心より感謝致します







劇作家女子会!プレ・パーティーの御礼。そして次回公演!

2015.11.26 23:18|日々のこと
劇作家女子会!プレ・パーティー!



おかげさまで、大勢のお客様にご来場を頂き、盛況のうちに終えることができました。

謎のイベントに足を運んでいただいたお客様方。

トークを盛り上げてくれたゲストの古川貴義さん、黒澤世莉さん、北川大輔さん。

リーディングに出演してくださった河南由良さん、粕谷大介さん、木内コギトさん。
そして当日に会場でお力添えをいただいた鈴木さん、佐々木さん。

皆々様に感謝をこめて、この場で御礼申し上げます

そしてイベントでも告知をさせて頂きましたが、我ら劇作家女子会。

来年7月、王子小劇場にて、公演、うちます

タイトルは
「劇作家女子会!R(リターンズ)!」


オノマリコの
「セーラームーンっぽくいきたい」
という一言で、アラサー女子のバイブルを踏襲した恐れ多いタイトル・・・・。

キャッチコピーは「王子から世界へ」

そして劇作家女子達の作品は全員新作

演出には箱庭円舞曲の古川貴義さんをお迎えし、まだまだ全貌は見えないまでも、スケールは大きそうな次回公演。

公演までに、今回のようなパーティー・イベントもちょくちょく開催していく予定ですので、どうぞお楽しみに

来年の夏、王子小劇場での2013年の初演から、ひと回りもふた回りもでっかくなって帰ってまいりますので、皆様どうぞ劇作家女子会。をよろしくお願いいたします

前回演出の黒澤世莉さん(時間堂)に、動画日記をとって頂きました。
こちらからどうぞ。

そしてプレ・パーティーの様子を、ちょっとだけご紹介。



満席のスタジオ。


オノマリコ作の「キョウダイ」をリーディングした2人。



黒川陽子作のリーディング「手のかかる子供」の出演者。





「Bar Rin」と「ビストロ・ワカヌ」。



黒川陽子さんのお手製のしおり。

私達も、とっても楽しかったです

ありがとうございました





01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR