劇作家女子大会!in城崎レポその2

2014.07.29 22:15|劇作家女子大会
皆様こんにちは
劇作家女子会!BLOG担当(自称)モスクワカヌです。

月日が経つのは早いもの・・・というか、私の筆が遅くてすみません
先月開催されました、劇作家女子大会!レポ第2弾をお届けします


劇作家大会の初日、12日は、あいにくの雨。
それでも大勢のお客様にご来場いただき、開会式も無事(?)終了。

私は見ることが叶わなかったのですが、女子会!の坂本鈴さんが出演されていた開会式での劇作家達による寸劇は、寸劇と言えないほど台本が充実していて、それぞれ忙しい出演者はセリフ覚えが大変そうでした。

アートセンターの狭いスペースに机を固めて、そうそうたる劇作家陣と俳優が小さな円をつくって、数時間後に本番の寸劇の練習をしているという、締め切り前の劇作家と初日前の役者を一つ鍋に放り込んで煮出したような危機せまる絵ヅラは、私の心のなかにそっと閉まっておいて、たまに取り出して笑おうと思います。

その寸劇なのですが、なんと、開会式中に城崎市長が殺される犯人は誰だという内容の芝居仕立て。
もちろんフィクションですが、こういうイベントが成立してしまうことに、城崎の関係者の皆様の、懐の深さと言うか大らかさを感じます。


そぼ降る雨の中を、旅館へ帰る道道。
メインストリートからちょっと外れた、山々の間の暗い道と、遅くまでオレンジ色の明かりのついている夜道を歩きます。



城崎の夜は、東京の、例えば新宿の夜と比べたら、賑やかでも明るくもありません。
それでも、そこには単純な電気運動による光源とは違う明るさと、モノと情報に溢れている町で、どうしようもない空白を埋めようという殺伐とした空騒ぎとは違った賑やかさがあります。

温泉で温まってちょっといっぱい引っかけたりして家族や友人、恋人、すっぴんの仕事仲間なんかと、治安のいい古びた温泉街の夜をそぞろ歩く。

そうしていると皆、陰の抜けた安らかな顔をしていて、一人一人がぼんぼりのように、ほの明るい光を身の内に灯しているようです。

城崎は温泉街として有名ですが、ただ温泉という天然資源に依存して機能している観光地ではなく、この町に代々住む地元の方々が、この地に沸いた自然の恵みに相応しい町づくりを心がけてきたんだろうなあ、という心意気を、街並みの随所に感じます。

もちろん、それはよそから来た私の目に見えることで、私が地元の人間になってここに住んだら、通りすがり的な気楽さや享受する立場とは別の、しがらみとか古臭さとか、その土地の問題は色々あるとは思うし、コンビニもビジネスホテルも商魂逞しい系の土産物屋もたくさんあるのですが、ここで生まれたものが、大方健やかにそのまま生まれた土地で生きていってる感じが、私はとても好きでした。

少し寂しい夜道を一人で、あるいは誰かと一緒に歩くというシンプルな悦びを悦びつつ、ところどころにある足湯に寄り道したり、地酒の店が閉まっているのにガッカリしながら宿へ向かう道が、あれだけ大々的だった劇作家大会の初日に、私が一番覚えていることだったりします。

もっとも、それは私一人の話で、それぞれに忙しかった初日を終えた女子会!メンバーには、また違った風景や事柄が刻まれているのだと思います。

夜。
リコさんと陽子さんの泊まっている旅館「柳家」にて、それぞれの初日に目出度く乾杯をする私達。



ちなみに不詳私、途中から眠くて眠くて、人の布団のうえに伸びてたらしく
「みっともないよ!」
と怒られたことを、朧げに覚えています・・・・・・・。


さて、翌日は運命の7月13日。劇作家女子大会!の本番です。
昨日の雨が嘘のように、この日は快晴!真っ青な空に山あいの緑が眼にフレッシュで、幸先のよさそうな1日を予感させます。

この日は、モスクワカヌは朝からカウンター補助、オノマリコは自身の手がける、高校生達のリーディング稽古のため豊岡へ。黒川陽子は午前中に別のシンポジウムに出演者として参加し、坂本鈴は閉会式の原稿や寸劇の練習の傍ら、わかぎゑふさんと城崎の喫茶店で打ち合わせと、女子会はそれぞれバラバラに活動してました。

朝、城崎のカフェ「こやま」にて朝食とコーヒー。ちゃんと豆からたてたコーヒーって美味しい!かにサンドも美味でした。





この時の私は・・・・・まさかこのカフェがある惨劇の舞台になるだなんて・・・・・思ってもいなかったんだ・・・・・・。

さて、大会2日目でもある13日。
城崎アートセンターに豊岡、それに永楽館に玄武洞と、同時多発的に様々なイベントが、色々な場所で行われている今回の劇作家大会。
ありがたいことに、地元から、遠くは東京からも多くのお客様にお越しいただいているのを、受付カウンター業務に入ったモスクワカヌはひしひしと実感しておりました。

黒川陽子さんも、シンポジウムを終え、宿へいったん着替えに戻るとのこと。
オノマリコさんは豊岡で稽古中。坂本鈴さんの行方を私は知りませんでしたが、昨日忙しかった分、今日は女子会!まで少しのんびり、観光などしてるのだろうなー、と思っておりました。

お昼過ぎ頃でしょうか。

私が手伝いに入っている受付カウンターは、大会の運営事務局のすぐ近く。
この事務局がもう、正しく前線で、運営委員の皆様は劇作家大会のために戦う戦士達さながら、不眠不休であったのですが、慌てたように事務局に入っていく人々の間から、
「坂本鈴が・・・・・事故で病院に・・・・・」
という単語が。

な、なんだってー!!

いや、だけど、聞き間違いもあるやもしれぬ、と、カウンターを離れて事務局へ確認にいく私。

「あの、すみません。なんか坂本鈴さんが事故にあったとかいう風の噂を・・・・」
「ああ、坂本ね。なんか交通事故で車にぶつかって救急車で運ばれたらしい」
「交通事故!?」

マジだった。
しかもなんか話を聞くかぎり重傷っぽいんですが・・・・!
事務局の方の話によれば、どこかのカフェにいて、店からでたところでアニメの転校生よろしく、出会いがしらにぶつかってしまったらしい。

ただし、相手はイケメンではなく車である。

とりあえず稽古中のオノマリコさんにも連絡がいき、病院には黒川陽子さんが向かったとのこと。
現場にいなかった私にも、事務局の人にもわかることは少ないので、ドキドキしながらとりあえずカウンター業務を継続。

去年のハロウィンから、「皆で温泉いこーぜ!」・・・・・じゃなくて、全国の女性劇作家ネットワークを開拓していうこうという崇高な目的のもと、企画してきた劇作家女子大会。もちろん、全員でやりたい。だけど今、鈴さんはどうなっているのか。

この段階ではとにかく情報がなくて、鈴さんの怪我の程度もわからず、女子会!全員で女子大会を開催することができないんじゃないか・・・・・と危ぶんだ私。

その間、連絡を受けたオノマリコさんが「うちの坂本がご迷惑をおかけしますが、いろいろよろしくお願いします」と礼儀正しく事務局に挨拶し、黒川陽子が病院へむかったりしておりましたが、無力な私は大会の受付カウンターでひたすら、運命を呪ってました。

いやーだって、事務局の人々のニュアンスから行くと、かなり重症な雰囲気だったんですもの。

これは後から聞いた話しですが、事故の直前まで鈴さんと一緒にいた黒川陽子いわく、

「鈴さんとカフェこやまで打ち合わせしてたんだけど、着替えがあるから私だけ一度旅館に戻って、衣装に着替えてから鈴さんの待ってるカフェに戻ったの。

そしたら鈴さんの座っていたテーブルに誰もいなくて、

筆記用具とか飲みかけのコーヒーとか、さっきまであったものが何もなくなってて、

本当にそこに人がいたの?みたいになってて。

そしたら近所の人と話してたカフェの人が私に、さっきここで、とても哀しいことがあったのよ・・・・・って。言われて私、

あ、鈴さん、死んだ。

と思った。うふふ

とのこと。

うん・・・・そんな話し方されたらそう思うよね・・・・・。

かくして、黒川陽子さんのなかで一度死んだ坂本鈴。
モスクワカヌのなかでも、ほぼほぼ死んでた坂本鈴。
オノマリコさんのなかではどうなってたかわからない坂本鈴。

果たして女子会!は、メンバー全員で「劇作家女子大会!」を開催することが出来るのか

次回、「女子大会!」本番レポをお届けします

こうご期待

スポンサーサイト

劇作家女子大会!in城崎レポその1

2014.07.09 10:28|劇作家女子大会
先月、日本劇作家大会にて、無事に開催されました劇作家女子会!による特別企画。
「劇作家女子大会!In城之崎温泉」
素敵なゲストの方々、お力添えをいただいた運営委員の皆々様、温かく迎えてくれた城崎の人々、そしてお客様。
人の手と力を感じながら、感謝しながら、過ごした城崎での日々・・・・。

今回は、そんな城崎での女子会!一同の珍道中の、美味しいところをBLOGレポにてお届けしたいと思います!

6月10日 PM22:30at 新宿

我ら女子会!メンバーは、深夜バスにて新宿から京都へ、そこから電車にて一路城崎へ向かいます。
ちなみに、モスクワカヌは、バイトの後適当に新宿で時間をつぶし、集合場所に向かうはずが、城崎で必要な旅行用の荷物を全部忘れる、という自業自得すぎるハプニングのため、一度新宿から横浜の自宅まで取りに帰り、あらためて新宿へ・・・・・。
時間に間に合ってよかった。
栃木在住の黒川陽子は、城崎へ向かう何日か前から都内の親戚宅で泊まるというさすがの用意周到さ。坂本鈴さんとオノマリコさんは迷いつつも、出発前には全員集合してバスに乗り込みます。
4列シートの深夜バスなんて、学生時代以来です。

6月11日 早朝
高速の渋滞により、予定時間をだいぶ遅れて京都に到着しました、女子会一同。
京都駅にて、まったく偶然に、思いがけない知人と遭遇して写真をとるなど。

オノマリコ「京都っぽさを味わうためだけに、京都タワーの見える出口まで歩きたい」


女子会!の女帝、オノマリコの鶴の一声により、トランクをガラガラひきつつ京都タワーの見える出口に向かう一同。
朝まだき曇天にたつ京都タワーを確認した女帝の一言。

リコ「うん。京都だ。納得した」

女子会の皆でも記念写真をとりました。



撮影者は、坂本鈴さん。

坂本鈴「いやぁー、今スッピンだから写真はちょっと・・・・」

とのことで、カメラマン役に。さすがです。さすがの女子力リーダーです

その後サガミノ線(漢字でてこない・・・)で福知山駅まで行き、そこから乗り換えて城崎まで。
ここでカルチャーショックな出来事。
サガミノ線の電車、ドアが手動です。
知らずにホームを行けども行けども、車両のドアが閉じていて、「これはなに?よそものに対する京都っぽいイジメ?」とざわつく女子会一同。

お客さんが自力でドアをあけている現場を目撃し、無事に乗り込むことが出来ました

お客さんの少ない列車で、のんびりと山陰へわけいっていきます。なれない深夜バスで一夜を過ごしたせいか、さすがに皆お疲れモードで、列車内でウトウト・・・・・。





でも、途中、福知山の駅での乗り換え待ち(1時間くらい待った・・・・)の間に朝ごはんを食べてから元気がでたのか、福知山~城崎間では、モスクワカヌが持参した「ことりっぷ城崎」を回し読んだり、人気のない車内で調子にのったり、朝からディープな恋バナをしたりと、修学旅行初日みいたいな過ごし方。



調子にのってるモスクワカヌ

オノマリコ「ことりっぷとか、持ってくるところワカヌちゃんぽいよね・・・」

黒川陽子「遊ぶ気マンマンだよね」

モスクワカヌ「いやー温泉全部めぐりたいっしょ。あとこのプリン食べたいし地ビールも飲みたい!」

坂本鈴「でもどれくらいそんな時間あるかなあ?」

この時の私たちは・・・・まだ・・・・城崎入りしてからの怒涛の日々を・・・・知る由すらなかったんだ・・・・・・。

列車が進むほどに、緑が濃く、空気が甘くなっていきます。窓の外の若く葉盛りの木々が目を洗います。
実はレポーターのモスクワカヌ、出発直前に風邪をひいてずっと喉が痛く、深夜バスで黒川陽子いわく「何かの使命のように」喉アメをなめまくってマスク装着していたのですが、城崎にちかづくにつれ、喉のイガイガがどんどん楽になっていき、到着する頃にはマスクいらず!
自然の偉大さを感じた旅路でした。



そして無事、城崎温泉駅に到着!
小さくて静かな駅にて、記念撮影、パシャリ!!



うえの写真は撮影者モスクワカヌ。



せっかくなんで私も撮ってもらいました。ええ、こういう看板があるととりあえずハマリます。私。

そして温泉地にふさわしく、駅前にいきなり飲める温泉が!
皆でしょっぱい温泉を飲んで、はるばるきたで城崎・・・・という感慨にふけります。

そぼ降る雨の城崎を、駅から劇作家大会の本拠地となる城崎国際アートセンターまで歩きます。
駅から徒歩15分、とパンフレットには書いてありましたが、

全然15分じゃありません。

これ、公共施設あるあるだと思う・・・・・・。

信じるな 公共施設の 徒歩○○分(モスクワカヌ心の俳句)

城崎は、町の通りの真ん中に鯉のおよぐ川が流れていて、川の両側には柳が揺れ、土産物屋や喫茶店、地ビールをだすお洒落なバーのならびに、昔ながらの木造の温泉宿が軒を連ねる、ノスタルジックな町です。
アスファルトで舗装された道路、駅近くのビジネスホテルやスーパー、それに城崎国際アートセンターと、田舎でもなく十分に近代的な面もありながら、町のそこここに、具体的な、あるいは抽象的な、「今を生きる人たちが古きよきものとして振り返ることが出来る古きよきもの」が、ごく自然に生きています。

たとえば、川にかかる猫背の橋、細面の柳、手書きの剥げた看板、風雨で変色した木造家屋の欄干にかかる洗濯物。時流の傍流で、ちょっと頑固にこの町らしさを固持してきたであろう街の居住い。

そんな街のあちこちに、「歓迎!日本劇作家大会ご一行様」みたいな看板がかけてあるのが、関係者としては嬉しかったりします。

モスクワカヌ「私・・・あの看板だしてあるお土産物屋全部で、なにか買わなきゃいけない気になってきた・・・・」
黒川陽子「ワカヌちゃん、それ多分なにかの術中にはまってるよ」

そんな城崎の町を歩きながらアートセンターに向かう途中、ほんのすこーし寄り道してお昼ご飯を食べたり、



御所の湯で休憩したり、



よもぎアイス食べたりしましたが、

おおむねまっすぐ駅から大会本部へ向かいました。ええ。




城崎のメインストリートから少し離れた場所にある城崎国際アートセンター。
来てみてその新しさや大きさ、都会的なデザインにびっくり。

でも背景は山。
どこまでも山。

そこでは、何日か前から城崎入りしていた運営委員やボランティアスタッフの皆様、それにたくさんの劇作家陣が、明日の大会初日に向けて忙しく立ち働いておりました。

去年レポーターの私が舞台「ハルメリ」でご一緒しました、素晴らしき女優の西山水木さんやみやなおこさんが・・・めっちゃフツーにwebとか物販とかで忙しく働いています。
ちなみに、物販の販売に立つ鐘下辰男さんとマキノノゾミさんの並びが怖すぎたのは、ここだけの話です・・・・・・。

アートセンターに到着した女子会!メンバーもさっそくお手伝いに入ります。
大会中、市のご好意で借りられることになった浴衣を並べるお手伝いなど。
着てみた写真はこちら。



左側のモスクワカヌ、じゃっかん顔が死んでますが、元気です。

下は、旅館の浴衣に身を包んだオノマリコさんin柳の下。



生きてます。

夜はそぼふる雨のなか、旅館へ向かいます。
細かな雨にけぶる町並みが、また渋くてよいのです。



長い旅路でお疲れの女子会一同。
夜、旅館「つばきの」の部屋で、コンビニのカニカマとカップ麺とチャーシューを食べる私と坂本鈴さん。
※ちなみにリコさんと陽子さんとは旅館が別でした。



ごめん城崎。都会の空気に染まりすぎた私は・・・・・

空気が綺麗すぎてジャンクなものが食べたい症候群にとりつかれてました。

温泉地にまで来てどこでも買えるカップ麺食べるのウマー

明日初日を迎える劇作家大会、そして劇作家女子大会にむけて鋭気をやしない、眠りにつく我々。

果たして、劇作家女子大会!は、無事に開催されるのか・・・・
(いや、されたんですけどね。煽り的に)

次号!
劇作家女子大会レポ。
女子大会初日に起きるまさかのハプニング
坂本鈴にせまる魔の手

地元の方の証言。
「ここでとっても哀しいことがあったのよ・・・・」
黒川陽子
「あ、死んだと思った」

こうご期待

劇作家女子「大」会!終了しました。

2014.06.16 12:49|劇作家女子大会
劇作家女子「大」会!in劇作家大会2014

おかげさまで、無事に終了いたしました。

ご来場頂いたお客様、会場設営にご協力頂いたスタッフの皆様、そして女子会!にご参加頂きました皆様。
稲田真理様、鹿目由紀様、わかぎゑふ様、谷口真由美様、本当にありがとうございました。

女子「大」会の様子や、大会中の劇作家女子達の珍道中は、あらためてレポさせて頂きます

まずは深い感謝と愛をこめて。



日本劇作家大会2014豊岡大会そのものが、大勢の人の手と心で支えてもらった大会だったと思います

ご来場頂いたお客様、ご協力頂いた城崎の皆様、ボランティアの皆様、協会の運営委員の皆様、ゲストの方々等等、皆様、ほんとうにありがとうございました

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR