フランスは朝の9時です。

2013.05.31 15:53|黒川陽子のフランス紀行
IMG_20130531_154432.jpg
劇作家女子会とモン・サン・ミッシェルです!
スポンサーサイト

劇作家女子会!初通し!

2013.05.31 10:07|稽古のこと
パリへ飛んだ女子会メンバー、黒川陽子のパリ日誌に負けじと都内でも更新。

劇作家女子会!
本日はスタッフさんを交えての初通しでした

4人の劇作家の4つの短編を、ずらりと通しましたよー。

ブログ担当の不肖私は、遅刻を余儀無くされて泣く泣くの途中参戦。

稽古場に到着して、ドアの外で耳をそばだてると、どうやらオノマリコ女子作の「Compassion」のまっ際中。

ぬぬ。。。

ただでさえ、稽古中の稽古場に途中参戦はかなりの気遣いとスキルが必要だというのに。
通し中とは、これいかにせう。

高いわーこれかなりLevel高いわー。

空気が読めない人には見えないという伝説の壁が高すぎるわー。

びびりながら、台詞と台詞の合間をぬって、稽古場のドアをあける私。

よっし
いいタイミングで入れた!しかも手近な椅子が空いてる

流れるような動きで、椅子におさまる私。

いやあ、もしも稽古場途中入場選手権とかあったら、わりといい線いくんでない

と自画自賛。

と、そんな私に、なんか手旗信号を送る人が1人。オノマリコ女子である。

くどいようだが、稽古場は今通し中で、俳優は今セリフ中。
私語がはばかられる中、何かを一生懸命私に伝えようとしてるオノマリコ女子。

・・・・・・・・。

うん。ごめん!さっぱわからん!

ダメだこりゃと思ったであろうリコさんが、稽古場の掟、厳しい戒律、禁を破り、発したその言葉。

「そこ演出の席ー!」



写真は、私に席を奪われ稽古場の床にしゃがみ込む、時間堂主であり、我らが女子会の演出、黒澤世莉氏。

すみませんでしたっ!!


結局、1演目分、演出家の席を、遅刻した人間が占拠、いえいえ、温めておりました。。。。

通し自体は滞りなく終了。
短編とはいえ、4本分の世界を体に通した出演者陣は、やはり若干お疲れモードです。

坂本りん「なんつーかこう。1つ1つ濃厚なチーズケーキだったりチョコレートケーキだったりするから

ええ。
女子会!と言いつつ、あれなんです。
私らの持ち寄り作品は、原宿のおシャンティなカフェとかでだされる、オシャレでオーガニックで量がすくな・・・量が可愛いものじゃないんですよ。

やっぱり、あれなので。
女子である前に劇作家なので。

隠し味とか隠れてない味とか毒とか、入ってないわけないのです。

美味しいけれど、安全ではありません

そんな私たちの持ち寄りパーティーを彩るスタッフの皆さま。

巷で噂のスーパー舞台監督、礒貝さん、女子会のほとんど誰よりも女子力が高いヘアメイクの原さん、そしてやはりスタッフさんなのに女子会!のほとんど誰よりも(以下略)な、照明の南さん。

本日は稽古場に、遠く仙台から、時間堂のご縁で千田みかさんがいらしてくれたりもして。


私たちの作品を目にしてくれたことに感謝です

本番でも、1人でも多くの方にご来場頂ければ幸いです

初日にむけて、女子会!の準備は着々と進行しております。

ぜひぜひ、ご来場ください

劇作家女子会!@王子小劇場は、6/13(木)~16(日)まで開催!

チケットはこちらから

劇場で、お待ちしております

今日のお土産

2013.05.31 06:30|黒川陽子のフランス紀行
今日のお土産です。
IMG_20130531_061112.jpg
モネの家のあるジベルニーで買った手鏡。
表面にモネの絵がプリントされています。
ハート型で、女子力アップ♪




が!




DSC_0174.jpg
鏡が割れていたっっっ!!!


・・・な、なんだかわからないけど「失格」と言われた気分だ。


IMG_20130531_063406.jpg
女子力に厳しいモネさんでした。

フランスの雲

2013.05.31 05:28|黒川陽子のフランス紀行
IMG_20130531_042007.jpg
フランスの雲は上の方と下の方で流れる速度が違い、何層もある感じがよく伝わってきます。
上の方の雲は空にピタッとはりついているようで、下の方の雲は隊列を組んで行進するように流れていきます。

メリー・ゴー・ラウンド

2013.05.30 23:45|黒川陽子のフランス紀行
古い港町、オンフルールで見つけたメリー・ゴー・ラウンドです。
IMG_20130530_233743.jpg
ラヴェルの「ボレロ」に合わせて回る渋い奴です。
IMG_20130530_233858.jpg
馬好きのモスクワカヌさん垂涎であろう走る馬のショットです。

食レポ

2013.05.30 22:48|黒川陽子のフランス紀行
ル・アーブルという街にあるホテルのレストランで昼食を食べました。
DSC_0084.jpg
内装。
DSC_0083.jpg
食べる前。
DSC_0087.jpg
前菜の「ズッキーニのフライ」です。
見た瞬間、「唐揚げ・・・?」と思ったのですが、細かく刻んだズッキーニを練り粉みたいなものに混ぜて揚げてあったのでした。
私の食べたものはちゃんと揚がっていたのですが、同じテーブルの他の人のは中が生っぽかったりして、出来にばらつきのあるメニューのようでした。
タルタルソースがチーズ寄りになったようなソースが美味しかったです。
DSC_0089.jpg
メインの「チキン」です。
お肉はとても柔らかいのですが非常に味が薄く「あれですか、素材の味で食べさせる系ですか」と身構えたら、付け合わせのライスの味が非常に濃いのでした。
ライスをソースのようにして食べたら美味しかったです。
DSC_0091.jpg
デザートの「チョコレート・ムース」です。
アイラ・レヴィンの『ローズマリーの赤ちゃん』に白墨の味のするチョコレート・ムースを食べたローズマリーがその夜、悪魔の子供を宿してしまうというくだりがあって、「これはもしや、白墨の味がするのでは・・・!」と思って恐る恐る食べたら白墨の味はしませんでした。
DSC_0092.jpg
チョコレート・ムースがとても甘かったので、締めにエスプレッソを飲みました。

ジベルニー

2013.05.30 19:08|黒川陽子のフランス紀行
画家のクロード・モネが1883年に移り住んだジベルニーに来ました。
IMG_20130530_185221.jpg
モネの家。
中は撮影禁止でしたが、部屋ごとに淡いブルーやイエロー、ピンクなどでまとめられていて、とても綺麗でした。
また、日本の浮世絵がたくさん飾ってありました。有名な「大はしあたけの夕立」からマイナーそうな怪談画まで色々あり、浮世絵収集の熱心さが垣間見えました。
IMG_20130530_184937.jpg
モネの庭にて。
この庭も、すべてモネ自身が作ったそうです。
IMG_20130530_185147.jpg
睡蓮の池。
DSC_0081-1.jpg
日本贔屓でマメで印象派のモネさんでした。

パリの渋滞

2013.05.30 16:28|黒川陽子のフランス紀行
パリは渋滞がひどいです。
IMG_20130530_162641.jpg
昨夜、空港からホテルに向かうときも、今朝、ホテルを出てからも渋滞に巻き込まれました。
しかも、明らかに渋滞の原因と思われる事故現場を抜けてからも渋滞が解消しないというマジカル。

悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)
(1992/07/16)
コルタサル

商品詳細を見る

昨年、長塚圭史の演出で舞台化もされたフリオ・コルタサルの短編小説「南部高速道路」を思い出しました。

朝食

2013.05.30 15:18|黒川陽子のフランス紀行
パリは現在、朝の8時です。
先ほど、ホテルで朝食をとりました。
IMG_20130530_150848.jpg
本場のクロワッサン。
小ぶりでパリパリしてました。
IMG_20130530_150644.jpg
ジャムやお砂糖の入った棚が可愛かったです。
IMG_20130530_150735.jpg
ジャムや
IMG_20130530_150813.jpg
お砂糖

フランスのアニメ

2013.05.30 13:32|黒川陽子のフランス紀行
虫がセクシー。
DSC_0044-1.jpg
この虫とサイの間に一悶着あり、最後はキリンも交えて大団円になる、みたいなお話でした。

パリの魔術

2013.05.30 12:53|黒川陽子のフランス紀行
IMG_20130530_123900.jpg
普段はこうするところを
IMG_20130530_123933.jpg
こうしたくなる。
(靴下の色です)

パリに来ました!

2013.05.30 04:45|黒川陽子のフランス紀行
本番まで残り15日。
稽古場が熱気に包まれ、公演メンバーの団結力も否応なしに強まってくるこのタイミングで一人、東京から9730㎞離れたパリに降り立ったわたくし
IMG_20130530_034121.jpg
黒川陽子。
劇作家女子会を世界に広めるべく、また、劇作家女子会の「女子」の部分をさらに充実すべく、世界随一のお洒落タウン、パリとその周辺から一週間に渡ってレポートしていきたいと思います!
IMG_20130530_034454.jpg
既にお洒落な空港のマック。

お楽しみに!!!

戯曲プレゼンの日

2013.05.27 23:49|日々のこと
新たな出演者も決定し、稽古がすすむ劇作家女子会!

先日は、劇作家女子による、戯曲プレゼンなる時間がありました。

戯曲プレゼンとはなんぞや、といいますと、今回、劇作家女子達は、おのおのの短編を持ち寄り、出演者および演出にそれらを美味しく料理してもらおう!と企んでいるのですが、そもそもの、台本、いわばレシピを、「わたしはこういう気持ちでつくりました」「こんな風な仕上げを想像して書きました」と、劇作家の主張、をする時間です。

劇作家女子会!を名乗りながら、劇作家としての志向や資質も、そして女子力のレベル的にもあんまり共通点がなく、そもそも人としてのジャンルが違うんじゃねーかな我ら四人。

当たり前ですが、自身の戯曲への思いも様々です。

「たくさん背伸びした挙句、等身大の自分を発見したいなって
「生きてる人ってみんな不幸じゃないですか
「世界にはこの広場しかないんです。

などなど。

わりと自由に、言いたいことを投げてきました。

最終的な味付けは、演者と演出のものではあるのですが。

たとえば、
「このレシピ通りにつくったら寿司だけど、ちょっと面白そうだから生クリームのせてみようぜ

とか、

「このレシピはサバ味噌だけど、あえて西洋風に

的な遊びもしてもらうために、レシピ=台本への思い入れを語ってまいりました。

出演者や演出家からの質問やコメントで気づかせてもらうこともあったりして、私、普段は「全世界筆談推進委員会」の会長なんですが、ものすごくシンプルに、会って話すことの大切さを思い出したり。

※全世界筆談推進委員会とは・・・
口ベタ・無口な会長のために、もう世の中のコミュニケーションは全て筆談にしない?と、世界の片隅でひっそり主張する委員会。

様々に味付けされた、我ら劇作家女子達の短編四つ。

甘いか辛いか毒いりか

ぜひぜひ劇場でお試しください。

お待ちしております

劇作家女子会!@王子小劇場は、6/13(木)~16(日)まで開催!

チケットはこちらから

劇場で、お待ちしております

劇作家女子会から追加キャストのお知らせ

2013.05.25 10:00|お知らせ
追加キャストのお知らせです。

新しく、俳優の木内コギトさんが「劇作家女子会!」にご参加くださることになりました。

木内さんは最近では時間堂「テヘランでロリータを読む」にご出演されていらっしゃいました、飄々とした雰囲気で、老人役から子ども役まで演じられる俳優さんです。

新キャストをむかえ、ますます稽古に熱の入る
劇作家女子会×時間堂「劇作家女子会!」をよろしくお願いいたします。

チケット予約はこちらからです

劇作家女子会 一同

【劇作家女子会からキャスト変更のお知らせ

2013.05.19 10:00|お知らせ
【劇作家女子会からキャスト変更のお知らせ】

出演を予定しておりました山本卓卓さんが、この度一身上の都合により降板されることになりました。

劇作家女子会としても、山本さんにはぜひご出演していただきたかったのですが、本人と話し合い、諸般の事情を鑑みて、このようなかたちとなりました。

なお、これにともなう演目の変更はございません。
新しいキャストは決まり次第、劇作家女子会のブログにて発表させていただきます。
http://gekisakkajoshikai.blog.fc2.com/

また、キャスト変更による予約のキャンセルは
gekisakujoshi@gmail.com
にて受付けております。

山本さんの出演を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をおかけする次第となり、大変申し訳ございません。

劇作家女子会!は、引き続き、我らが女子会を、よい公演にすべく尽力してまいる所存でございます。

今後とも、劇作家女子会!を、よろしくお願い申しあげます。

劇作家女子会 
代表 坂本鈴

劇作家女子会!トークゲスト発表!

2013.05.15 19:10|お知らせ
劇作家女子会!は、本日が稽古初日。

演出の黒澤さんと、素敵出演者の皆さまが、我らの持ち寄った短編四つを、どんな風に料理してくれるのか。

今からドキがムネムネしております。

あわせて、我らの女子会に参加していただく、素敵なトークゲストの方々を大公開

日替わりメニューのごとく多彩なゲストの皆様
こちらも、素敵に美味しそうなラインアップとなっております

2013年6月14日(金) 14:00
関根信一さん(劇団フライングステージ代表)
2013年6月14日(金) 19:30
高野しのぶさん(現代演劇ウォッチャー/しのぶの演劇レビュー主宰)

2013年6月15日(土) 14:00
近日公開
[emoji:v
-350]2013年6月15日(土) 19:00
近日公開

14日マチネのゲスト。関根信一さんは、ご自身の劇団フライングステージを主宰しながら、あらゆる現場で作演出に出演もされるオールマイティー。
私モスクワカヌは、まだちゃんとお会いしたことがないのですが、きっと乙女な方だと予想。そしてやはり、我らが四人で囲んでも、女子として勝てない予感・・・・。

14日ソワレのゲスト、高野しのぶさんは、言わずとしれた演劇ウォッチャー。
この間、表参道のお洒落カフェで、劇作家女子四人でお茶をさせて頂く機会があったのですが、厳しくも温かく、切れ味の鋭い言葉の数々に、
「これが・・・先輩、もしくはお姉様というものか・・・・。」
と、万年帰宅部だった私が、何かを掴んだ気になるほど。

オノマリコさんいわく、「かっこいい方に、キチンとはしゃぐところが素敵。」なお姉様です。

華も、そしてきっと棘もお持ちな大人女子のお二人に、女子会を彩っていただくこととなり、感謝

そして近日公開予定な、15日のトークゲスト。

個人的には、

美味しいことはドンブリで!

なタイプなのですが、あくまで、今回は女子会。

美味しいものは少しずつ、という乙女らしさを、当ブログでも大切にしていきたいと思います。

ええ。

たとえ担当がドンブリ派で、わんこピザ大会の前科があってもです。

15日のゲストの公開も、お楽しみに

6月13日に、王子小劇場にて幕をあける劇作家女子会!

公演詳細とチケット予約はこちらから

どうぞお気軽に、ちょっと楽しみにお立ち寄りください

劇作家女子会!が、女子会を実際にやってみた。Part1

2013.05.14 08:25|日々のこと
某月某日。
劇作家女子会!メンバーの1人、モスクワカヌ家で開催された、「劇作家女子会」・・・・・。

女性誌やらマスコミやら、はたまた世の男性陣からもてはやされる「女子」という生き方を遠く離れて、「あれ?うちら女子のつもりだったけど、なんかおかしくね?」ということに気がつきはじめた、女子以前売れっ子未満の劇作家女子達

そんな女子達が、実際に女子会を「やってみた。」・・・・・。

この時点で、キケンな香りがプンプンします。
「やってみた。」
ええ。チャレンジの言葉です。
ちなみに省略された枕言葉は、

「うちらが女子会をしたところで、世に伝説と言われる可愛くってお洒落なあれになるかどうかわかりませんが、可愛くお洒落でいたい気持ちだけは満々なのでやってみた。」

です。

そして気持ちが満々のわりに、当日はみんな、ほぼノーメイク・・・・。

撮影を担当してくれたカメラマンのS氏が、誰よりもキチンとメイクしてきたという事実。
※ちなみに動画にS氏は、チラリとも映っていません。

ええ、まあ、なんていうか。
ナチュラル志向の女子会ということで。

ノーメイクではなく、ナチュラル。
自然体。

劇作家のはしくれとして、

ものはいいよう、

というワザを駆使して自己弁護につとめたいと思います

あ、ちなみに

「女子会、と題されてるから可愛い女子目当てで動画見てみたのに、劇作家しかいねーじゃねーか。」

的な苦情は一切受付ません。

とりあえず、あなたの眼福には絶対ならないと思いますので、あしからず。

劇作家女子、という、生息域のごくごく狭いヒト科女子目作家類の生態を知っていただく一助になれば幸いです

私たちの本気の「女子会」、公開します

劇作家女子会!が、女子会を実際にやってみた。Part1
「劇作家女子会、開会宣言」
動画はこちらから

Part2

「自己紹介 新人戯曲賞作家 黒川陽子 編

動画はこちらから

劇作家女子会!チケット発売開始!

2013.05.09 23:56|お知らせ
チケット発売開始!

劇作家女子会!×時間堂 presents

劇作家女子会!
我々は人間である前に女子であり、女子である前に劇作家である。

私たちの女子会に、ご来場ください

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] 給与計算アウトソーシングikea通販アウトレット通販レンタルドレス

【会場】王子小劇場

【作】オノマリコ、黒川陽子、坂本鈴、モスクワカヌ
【演出】黒澤世莉(時間堂)
【出演】菅野貴夫、直江里美、阿波屋鮎美、長瀬みなみ(以上 時間堂)
    河南由良(劇団だるめしあん)
    佐々木なふみ(こねじ)
    山本卓卓(範宙遊泳)

【タイムテーブル】
2013年6月13日(木) 19:30♪
2013年6月14日(金) 14:00(PPT)/19:30(PPT)
2013年6月15日(土) 14:00☆(PPT)/19:00(PPT)
2013年6月16日(日) 16:00

♪:オープニングパーティー
(PPT):ポストパフォーマンストーク
☆:託児サービス
ご予約・お問い合わせは、イベント託児・マザーズへ(0120-788-222)<0才・1才2,000円 2才以上1,000円>

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。
※上演時間は約100分を予定しております。


【演目】
劇作家女子それぞれの短編を四本上演します!
モスクワカヌ「バースデイ」
坂本鈴「親指姫」
オノマリコ「Compassion」
黒川陽子「彼女たち」

【チケット】
一般 2,400円
学生 2,000円
高校生以下 1,000円
(全席自由・日時指定・税込)

☆チケットのお求め
CoRichチケット:https://ticket.corich.jp/apply/44962/
劇作家女子メール:gekisakujoshi@gmail.com
(お名前・観劇希望日時・人数をお知らせ下さい。返信をもってご予約完了となります。)

【劇作家女子ご招待!】
劇作家女子会は、今後も女子会ネットワークをひろげていくことが、いつか演劇界に「いいこと」をもたらすんじゃないかと考えています。(女子の勘です。)
女性劇作家のみなさん、女子会に参加しませんか?
受付にご自身の台本をご提出くださった方をご招待させていただきます。
高校の演劇部で書いた台本でも、パルコ劇場のために書き下ろした台本でもかまいません。
お預かりした台本は、劇作家女子会で責任持って管理させていただきます。


【ご連絡】
劇作家女子会
Mail:gekisakujoshi@gmail.com
BLOG:http://gekisakkajoshikai.blog.fc2.com/

劇作家女子会!HP公開!!

2013.05.07 13:56|お知らせ
劇作家女子会!の素敵ホームページが本日より公開となりました!

劇作家女子会!HP

ちなみにこの素敵ホームページ。

我らが劇作家女子会のリーダー、坂本りん女子からは「奴隷商人」演出家の黒澤世莉氏からは「ジャイアン」ご自身いわく「ダンプカー」の字名をもつ、武闘派演劇集団(ひとり)を率いるオノマリコ女史の友人であるところの「出来るのび太」「商人は大切にしているつもりの奴隷」「劇作家女子会メンバーの誰よりも女子」な、サラリーマンS氏により作成頂いたもの。

Sさん、ありがとうございます

先日プレ稽古も果たし、10日にはアフタートークゲストの発表も控えて、盛り上がってまいりました、我々の女子会!

HPにも、そして劇場にも、是非是非ご来場ください

joshikaiomote0429.jpg

一同でおもてなしします
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR