記事一覧

フランスは朝の9時です。

劇作家女子会とモン・サン・ミッシェルです!...

続きを読む

劇作家女子会!初通し!

パリへ飛んだ女子会メンバー、黒川陽子のパリ日誌に負けじと都内でも更新。劇作家女子会!本日はスタッフさんを交えての初通しでした4人の劇作家の4つの短編を、ずらりと通しましたよー。ブログ担当の不肖私は、遅刻を余儀無くされて泣く泣くの途中参戦。稽古場に到着して、ドアの外で耳をそばだてると、どうやらオノマリコ女子作の「Compassion」のまっ際中。ぬぬ。。。ただでさえ、稽古中の稽古場に途中参戦はかなりの気遣いとス...

続きを読む

今日のお土産

今日のお土産です。モネの家のあるジベルニーで買った手鏡。表面にモネの絵がプリントされています。ハート型で、女子力アップ♪が!鏡が割れていたっっっ!!!・・・な、なんだかわからないけど「失格」と言われた気分だ。女子力に厳しいモネさんでした。...

続きを読む

フランスの雲

フランスの雲は上の方と下の方で流れる速度が違い、何層もある感じがよく伝わってきます。上の方の雲は空にピタッとはりついているようで、下の方の雲は隊列を組んで行進するように流れていきます。...

続きを読む

メリー・ゴー・ラウンド

古い港町、オンフルールで見つけたメリー・ゴー・ラウンドです。ラヴェルの「ボレロ」に合わせて回る渋い奴です。馬好きのモスクワカヌさん垂涎であろう走る馬のショットです。...

続きを読む

食レポ

ル・アーブルという街にあるホテルのレストランで昼食を食べました。内装。食べる前。前菜の「ズッキーニのフライ」です。見た瞬間、「唐揚げ・・・?」と思ったのですが、細かく刻んだズッキーニを練り粉みたいなものに混ぜて揚げてあったのでした。私の食べたものはちゃんと揚がっていたのですが、同じテーブルの他の人のは中が生っぽかったりして、出来にばらつきのあるメニューのようでした。タルタルソースがチーズ寄りになっ...

続きを読む

ジベルニー

画家のクロード・モネが1883年に移り住んだジベルニーに来ました。モネの家。中は撮影禁止でしたが、部屋ごとに淡いブルーやイエロー、ピンクなどでまとめられていて、とても綺麗でした。また、日本の浮世絵がたくさん飾ってありました。有名な「大はしあたけの夕立」からマイナーそうな怪談画まで色々あり、浮世絵収集の熱心さが垣間見えました。モネの庭にて。この庭も、すべてモネ自身が作ったそうです。睡蓮の池。日本贔屓でマ...

続きを読む

パリの渋滞

パリは渋滞がひどいです。昨夜、空港からホテルに向かうときも、今朝、ホテルを出てからも渋滞に巻き込まれました。しかも、明らかに渋滞の原因と思われる事故現場を抜けてからも渋滞が解消しないというマジカル。悪魔の涎・追い求める男 他八篇―コルタサル短篇集 (岩波文庫)(1992/07/16)コルタサル商品詳細を見る 昨年、長塚圭史の演出で舞台化もされたフリオ・コルタサルの短編小説...

続きを読む

朝食

パリは現在、朝の8時です。先ほど、ホテルで朝食をとりました。本場のクロワッサン。小ぶりでパリパリしてました。ジャムやお砂糖の入った棚が可愛かったです。ジャムやお砂糖...

続きを読む

フランスのアニメ

虫がセクシー。この虫とサイの間に一悶着あり、最後はキリンも交えて大団円になる、みたいなお話でした。...

続きを読む

パリの魔術

普段はこうするところをこうしたくなる。(靴下の色です)...

続きを読む

パリに来ました!

本番まで残り15日。稽古場が熱気に包まれ、公演メンバーの団結力も否応なしに強まってくるこのタイミングで一人、東京から9730㎞離れたパリに降り立ったわたくし黒川陽子。劇作家女子会を世界に広めるべく、また、劇作家女子会の「女子」の部分をさらに充実すべく、世界随一のお洒落タウン、パリとその周辺から一週間に渡ってレポートしていきたいと思います!既にお洒落な空港のマック。お楽しみに!!!...

続きを読む

戯曲プレゼンの日

新たな出演者も決定し、稽古がすすむ劇作家女子会!先日は、劇作家女子による、戯曲プレゼンなる時間がありました。戯曲プレゼンとはなんぞや、といいますと、今回、劇作家女子達は、おのおのの短編を持ち寄り、出演者および演出にそれらを美味しく料理してもらおう!と企んでいるのですが、そもそもの、台本、いわばレシピを、「わたしはこういう気持ちでつくりました」「こんな風な仕上げを想像して書きました」と、劇作家の主張...

続きを読む

劇作家女子会から追加キャストのお知らせ

追加キャストのお知らせです。新しく、俳優の木内コギトさんが「劇作家女子会!」にご参加くださることになりました。木内さんは最近では時間堂「テヘランでロリータを読む」にご出演されていらっしゃいました、飄々とした雰囲気で、老人役から子ども役まで演じられる俳優さんです。新キャストをむかえ、ますます稽古に熱の入る劇作家女子会×時間堂「劇作家女子会!」をよろしくお願いいたします。チケット予約はこちらからです劇...

続きを読む

【劇作家女子会からキャスト変更のお知らせ

【劇作家女子会からキャスト変更のお知らせ】出演を予定しておりました山本卓卓さんが、この度一身上の都合により降板されることになりました。劇作家女子会としても、山本さんにはぜひご出演していただきたかったのですが、本人と話し合い、諸般の事情を鑑みて、このようなかたちとなりました。なお、これにともなう演目の変更はございません。新しいキャストは決まり次第、劇作家女子会のブログにて発表させていただきます。http...

続きを読む

劇作家女子会!トークゲスト発表!

劇作家女子会!は、本日が稽古初日。演出の黒澤さんと、素敵出演者の皆さまが、我らの持ち寄った短編四つを、どんな風に料理してくれるのか。今からドキがムネムネしております。あわせて、我らの女子会に参加していただく、素敵なトークゲストの方々を大公開日替わりメニューのごとく多彩なゲストの皆様こちらも、素敵に美味しそうなラインアップとなっております2013年6月14日(金) 14:00関根信一さん(劇団フライングステージ代...

続きを読む

劇作家女子会!が、女子会を実際にやってみた。Part1

某月某日。劇作家女子会!メンバーの1人、モスクワカヌ家で開催された、「劇作家女子会」・・・・・。女性誌やらマスコミやら、はたまた世の男性陣からもてはやされる「女子」という生き方を遠く離れて、「あれ?うちら女子のつもりだったけど、なんかおかしくね?」ということに気がつきはじめた、女子以前売れっ子未満の劇作家女子達そんな女子達が、実際に女子会を「やってみた。」・・・・・。この時点で、キケンな香りがプン...

続きを読む

劇作家女子会!チケット発売開始!

チケット発売開始!劇作家女子会!×時間堂 presents劇作家女子会!我々は人間である前に女子であり、女子である前に劇作家である。私たちの女子会に、ご来場ください携帯からの予約はこちらをクリック![PR] 給与計算アウトソーシングikea通販アウトレット通販レンタルドレス【会場】王子小劇場【作】オノマリコ、黒川陽子、坂本鈴、モスクワカヌ【演出】黒澤世莉(時間堂)【出演】菅野貴夫、直江里美、阿波屋鮎美、長瀬みなみ(...

続きを読む

劇作家女子会!HP公開!!

劇作家女子会!の素敵ホームページが本日より公開となりました!劇作家女子会!HPちなみにこの素敵ホームページ。我らが劇作家女子会のリーダー、坂本りん女子からは「奴隷商人」演出家の黒澤世莉氏からは「ジャイアン」ご自身いわく「ダンプカー」の字名をもつ、武闘派演劇集団(ひとり)を率いるオノマリコ女史の友人であるところの「出来るのび太」「商人は大切にしているつもりの奴隷」「劇作家女子会メンバーの誰よりも女子」な...

続きを読む

Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新トラックバック

Visitor