記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇作家女子会!鬼怒川旅行記その4

日光は鬼怒川へやってきた女子会!メンバーズ

鬼怒川温泉ホテルの部屋で、お風呂上がりにビールを飲みつつ、いろんな話がつきません。

なかにはもちろん、女子が集まればお約束の恋バナの話題もあります。

ワカヌ「あーん、好みの男を監禁したーい
鈴さん「落ち着け」

そんな物騒な本音が漏れるのも、リラックスの証拠。

もちろんお喋りだけじゃなく、色々な企みについても打ち合わせ。
ですが何しろ女子会!なので、打ち合わせの間にも、話はあっちにいったりこっちにいったり、羽が生えたように飛び回ります。
真面目に不真面目な女子会です。

その企みは、明日のハロウィーンで色々公開されますので、乞うご期待

さて、日光2日目は、日光東照宮へ。モスクワカヌは小学生の時の修学旅行で来たのですが、結構細かいところを色々覚えてなくて、新鮮な気持ちで楽しむことが出来ました。かの有名なサルに対抗する女子会。子供の目ではわからなかった、この建造物の歴史的価値や、細かな趣向が凝らされた芸術が見えてくると、修学旅行で来た時よりも、ずっとこの場所は楽しいです。手仕事の彫りが細かく、柱や螺鈿の一つ一つの彫刻が違うなど、恐ろしいほどの手間と技がこらされています。この建造物が建てられたのが、戦国時代を経て訪れた徳川幕府の世ということも影響してるのかもしれません。平和な世の中で、お金と時間をたっぷりかけなければ造れなかった建築だと思います。眠り猫。この眠っている猫の彫刻の裏ではスズメが遊んでいて、裏表あわせて平和な世の中がきたことを表現しているのだとか。小さな猫にも、大きな意味や祈りがこめられています。4人でパシャリ

日光東照宮を堪能した後は、黒川陽子さんオススメのかき氷屋さんへ旅行が決まった時から「美味しいかき氷が食べたいです。」と言っていた陽子さん。選んだお店がこちらです。

陽子さん「日光の天然の氷でつくったかき氷は美味しいんですよ。」

陽子さんのプレゼンに、期待の膨らむ私たち。

鈴さん「陽子ちゃんのオススメなら間違いない
ワカヌ「いったいどれだけ美味しいかき氷なんだろう
陽子さん「しまった。ハードルをあげすぎた・・・」

それぞれ、イチゴと宇治抹茶を注文する女子会。



かき氷、期待に違わぬ、ちょっとびっくりする美味しさでした

その後はモスクワカヌのリクエストで、かの有名な日光金谷ホテルへ。

ワカヌ「池波正太郎さんのエッセイに、このホテルの話がでてたから行ってみたかったんだー」
鈴さん「渋いねえ」



憧れの金谷ホテル前で記念撮影。



由緒正しい老舗ホテル。
宿泊してるらしい人は皆一様にお金持ちそうです。

ワカヌ「私、いつか社長になってこのホテルに泊まりたい
リコさん「うん、別に社長にならなくても泊まれると思うよ」

びっくりしたのは、ホテルの入り口の回転ドアに、回転ドアを回転させる係りの人がいたこと

ドアの横にいて、お客の入りにあわせてドアをまわすという、ただそれだけの係り・・・・。
そのシンプルさというかピンポイントさというか、おもてなしとぎりぎりなシュールさに、女子会一同、注目せずにいられません。

鈴さん「彼女の人生は、このホテルで回転ドアを回し続けることで過ぎていくものなのだろうか・・・」
陽子さん「なんか哲学っぽい」
リコさん「劇作家としては色んな物語を考えちゃうよね」

ホテルを後にした後は、駅へ向かってお店をひやかしながらゆるゆると歩いていきます。
駅に着いたら、旅は終わりです。
子供の頃は楽しい時間が終わりかけると、わざとみたいにはしゃいで気を紛らわせたり、過ぎていく時間に泣いて抗議したりをしていた気がします。
ですが大人になると、名残りおしい時間はいっそうさりげなく、何気なく過ごすものに変わるようです。

自分のなかにしかとどめておくことが出来ない時間が、キラキラしながら心臓を通り過ぎていく感覚は、寂しいけれど、生きていることをパッと光らせてくれるものでもあります。



ON MY ROAD


色んな企みと楽しみに向けて、パワーをチャージした女子会!メンバーズ


明日のハロウィーンには、我ら女子会!から皆様へ、お知らせがあります。

明日のハロウィーンの夜は、ぜひぜひもう一度このブログをご訪問くださいませ

皆様のお越しをお待ちしております





女子会!twitter@gekisakujoshi

鬼怒川の水害への義援金について
私達が旅行から帰った後、日光・鬼怒川は大規模な水害に見舞われ、今も多くの人が避難生活を余儀なくされています。
常総市では、皆様からの義援金やボランティアを引き続き募集しておりますので、寄付先やボランティアセンター等、詳細は以下に記載したホームページをご参照ください。
常総市鬼怒川水害義援金の受付
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新トラックバック

Visitor

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。