記事一覧

【女子会!プレ・パーティー!】「BAR RIN」「ビストロ・ワカヌ」開店準備中!

11月24日のプレ・パーティーに向けて、準備に余念のない女子会一同。

昨日は、メンバーのオノマリコさんのご実家の台所をお借りして、パーティー用メニューの試作会を行いました。

ちなみに、メニューの考案・作成担当はモスクワカヌです。

リコさん「試作会しようか・・・」
鈴さん「賛成です

というわけで、モスクワカヌ、オノマリコ、坂本鈴の3人で、パーティーメニューの試作会をすることに。

遠方の黒川陽子さんは、今回は残念ながら欠席です。

チャレンジする料理は、モスクワカヌの心の故郷、ロシアの定番料理である「ボルシチ」。

材料を揃えて、いざ、レッツ・クッキング

モスクワカヌ「メニュー担当として、今回は私がメインで調理します」
リコさん「レシピによると、まず全ての野菜を千切りにするそうだよ」
モスクワカヌ「ラジャ~

トントントン・・・・(包丁で野菜を切る音)

リコさん「ワカヌちゃん。それは千切りじゃなくてみじん切りだよ」

リコさん「ワカヌちゃん、それはザク切りだよ」

リコさん「ワカヌちゃん、もっと細く切ろうという意思を持とうか」

リコさん「ワカヌちゃん、生肉を切った後のまな板で野菜を切っちゃいけないのは知ってる?」

リコさんにツッコミを受けつつ、粛々と料理をすすめるモスクワカヌ。

パーティーでは人様にお出しするものですから、美味しくなるように、もちろん衛生面にも気をつけて、真剣に慎重に調理をすすめます。

モスクワカヌ「全ての材料を切り終わったら、肉から炒めて1時間煮込む!」
オノマリコ「ワカヌちゃんがレシピどおりに料理を・・・!成長してる・・・!」
坂本鈴「え、それ成長なの?」
オノマリコ「昔はレシピどおりに作ったら負けた気がするって言ってたのに・・・!」

リコさん、鈴さんの手助けをえて、ボルシチを煮込み終わったモスクワカヌ。
最後にディルという香菜とサワークリームをそえて完成です


鈴さん「美味しい
リコさん「うん。大丈夫だ」

無事に2人のお墨付きをもらえました✨

24日のパーティーでは、ボルシチの他軽食も用意した、モスクワカヌの「ビストロ・ワカヌ
そして坂本鈴さんの「BAR RIN」が開店しております。

ご来場頂けるお客様に楽しんでもらえるように、女子会一同、おもてなしの準備を着々とすすめております。

女子会。としては2年半ぶりのイベント

11月24日の夜は、王子スタジオ1で、ぜひぜひ私達と再会してください
もちろん、初めましての方も大歓迎です

ご来場をお待ちしております

劇作家女子会!プレ・パーティー!

日時
11月24日(火)
18:30 開場/19:00開演
※約2時間を予定してます。

場所
王子スタジオ1

チケット
1000円(1ドリンク付き)

ご予約はメールにて受付中です。
gekisakujoshi@gmail.comまで、お名前と枚数をお知らせください。

ゲスト
黒澤世莉(時間堂)
古川貴義(箱庭円舞曲)
北川大輔(カムヰヤッセン)
河南由良(劇団だるめしあん)
木内コギト(\かむがふ/)
粕谷大介
with
劇作家女子会!

イベント

リーディング
「キョウダイ」作・オノマリコ
坂本鈴・河南由良

「手のかかる子供」作・黒川陽子
粕谷大介・木内コギト
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新トラックバック

Visitor