記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人間の条件』稽古場レポ#5 全ての山を登れ~♪ まもなく劇場入り!

『人間の条件』、本日稽古ラストです。

座高円寺の稽古場に入ってから、あっという間のラスト稽古。

もしや時間泥棒がいると錯覚しそうになりますが、私達は着実にこれまでの時間を『人間の条件』の作品を立ち上げるために稽古を積み重ねてきているので、なにも泥棒はされてない

時間は有限かつ過ぎ去るものですが、その過ぎ去る時間のなかでどう過ごしたかは人間の心と体に残るものと思います。

最近は、稽古場で1幕2幕の通しをつうじて、劇中の登場人物の生きる「時間」を生身の俳優におとしこんでいく段階にはいっていて、じっさいに劇中の人物として限られた時間を生きてみることで、出演者にも新たな景色がひらいているようです。

ミュージカル映画屈指の名作「サウンド・オブ・ミュージック」には、「すべての山を登れ」という名曲があるのですが、この、舞台を創造していく過程も、山登りに近いものがあるなあといつも思います。
(ちなみに黒川陽子さんと坂本鈴さんは、劇作で苦しくなると雪山を一人踏破せんとする登山者の写真を見て己を鼓舞するらしいです)

台本や演出をヒントに、裾野から少しづつ山の頂を目指す。
途中で道に迷ったり険しい坂が続いたりもありますが、歩みをすすめるごとに違う景色が展開していき、見える世界がひろがっていく。

これまで出演者スタッフが現実に積み重ね、埋めてきた時間が、虚構の劇世界に血を通わせて命をふきこみ、紙に書かれた言葉だった『人間の条件』が、出演者の体をとおして文字通り血肉をえて立ち上がって行く過程は、劇作家が直接的には参加できない部分なので、見ていてとてもエキサイティングです

舞台はナマモノとはよく言われますが、それは人間と同じで「これでいい」というゴールがない、ということだと思っております。

人間が生きている間は日々常に自身を更新しているように、舞台も初日の幕があくまで、いえ初日の幕があいたあとも、変化と進化を続けていくナマモノ。
全ての瞬間が一期一会

『人間の条件』は、18日から21日まで、座高円寺1にて上演されます。

私達の舞台に、是非出会いに来てください。
劇場でお待ちしております

公演についてはこちらから
http://gsjoshikai.tumblr.com/

チケットのご予約はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/humancondition


ただいまクラウドファウンティング実施中
『人間の条件』の公演や私達の想いについて知って頂けたら、ご支援を頂いて女子会。に参加して頂けたら嬉しいです。

クラウドファウンティングについてはこちらから。
https://motion-gallery.net/projects/ninngennnojouken







文責:モスクワカヌ








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新トラックバック

Visitor

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。