黒川陽子vsモスクワカヌ 激突!カルボナーラ対決! その1

2017.10.20 17:47|カルボナーラ対決
その戦いは、劇作家女子会。メンバーで新婚の黒川陽子がカルボナーラづくりに挑戦し、そして失敗したところから始まった…。

黒川陽子「見事な炒り卵パスタができました」

そういって女子会のラインにあげられたのは、カルボナーラのクリーミィさがまったくうかがえないパスタの写真。



坂本鈴「火をとめるのだよ…」
黒川陽子「強火で一気にまぜるのではなく?」
坂本鈴「強火でまぜたら卵かたまるやん」
黒川陽子「よーし、敗因はわかった。ワカヌちゃん、カルボナーラ対決しようぜ」
モスクワカヌ「いいね!」

というわけで、ゆるい感じで開催が決定した「黒川陽子vsモスクワカヌ 激突!カルボナーラ対決!」
審査員に坂本鈴とオノマリコをむかえて、10月某日に尋常に勝負とあいなりました。

そもそも劇作家女子会。のエクストリーム料理人といえばモスクワカヌだったのですが、結婚して実家をでたことで初めて料理をするようになった黒川陽子が最近メキメキと頭角を現しはじめ…。目玉焼きを失敗したり、新婚の朝食に焦げた大きなパンケーキをのせたりしていたので、今回の対決は劇作家女子会。の新旧メシマズ・メンバーによる「私のほうがマシ」という意地と矜持を賭けた勝負。



黒川陽子作の「大きなパンケーキ」
こんなに大きいのに可食部分が少ないのでパートナーのY氏が栄養不足の危機に…。

実家から美味しいベーコンを取り寄せたり、誕生日にカルボナーラを食べてパートナーにその再現方法を考えてもらう等、実家とY氏を巻き込んだ総力戦の黒川陽子。
対して、同居人に「私がアドバイスするとワカヌちゃんのオリジナリティをつぶすから」と助力をやんわりと断られ、単騎で、でも気持ちは一騎当千のつもりで戦うモスクワカヌ。



パートナーに誕生日ディナーのカルボナーラのレシピを再現してもらう黒川陽子と、こちらもディナーにカルボナーラを注文し、イメトレに余念のないモスクワカヌ。
なお、勝負3日前の時点で2人とも試作はしておらず。黒川陽子にいたっては、何故かY氏がカルボナーラ作ってます。

黒川陽子「実家に美味しいベーコンを送ってもらいました。あらゆるコネを使って勝つ!」
モスクワカヌ「材料から…だと…?!」
黒川陽子「スタートラインは好きにひかせてもらう…!」

坂本鈴「戦いはすでに始まっている的な」
黒川陽子「どっちに賭ける?」
オノマリコ「料理ってこういうものだっけ?」

女子会。メンバーを巻き込んだ挑発ラインの送りあいにも余念なく、いよいよ迎えた対決当日。奇しくもその日は13日の金曜日。
劇作家女子会。メンバーが迎えた朝の様子とは…。

坂本鈴 「スイーツはまかせて」→「ごめん…アップルパイ失敗した。あと遅刻もします…
オノマリコ「ほうれん草のゴマ和え作ってくね」→「ゴマ和え家に忘れくさった。さらにちょっと遅れます
モスクワカヌ「カルボナーラ対決、負けないからね」→「パスタ買うの忘れた。私もちょっと遅れます
黒川陽子「カボチャスープ作ります」→「塩と砂糖を間違えました

THE・ていたらく。
4人もいるのに揃いも揃ってこの一言に尽きるていたらくです。

「失敗して落ち込んでいても、みんな似たような事態になってて結果面白いのでニコニコできて素敵」(リーダー・坂本鈴の証言)

いや、たぶんこの事態、素敵ではない。

始まる前から波乱含みのカルボナーラ対決。
4人が無事に揃うまでが一つの山場になる劇作家女子会。…。(全員アラサー)



写真は揃って遅刻した3人が奇跡的に駅で集合したものの、皆が乗り越ししてて誰一人改札を通れない図。

俺たち(黒川陽子とモスクワカヌ)の戦いはこれからだ
(その2へ続く)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR