FC2ブログ

黒川陽子・モスクワカヌ共作『おばけかいぎ』(子供が上演する劇準入選)

2019.09.30 15:55|お知らせ
黒川陽子とモスクワカヌが共作で執筆しました『おばけかいぎ』が、子供が上演する劇脚本募集にて、準入選となりました。

中高生の上演向けの短編で、「演劇と教育」9月10月合併号に戯曲が掲載されております。

この作品、もともとは『人間の条件』のクラウドファンディングで、執筆権付き10万円の支援をして頂いた、某大阪の高校演劇部顧問の方の依頼で書いた作品です。

高校生が演じ、子供達が楽しめる芝居をという内容の依頼で、実は1番最初のアイデアは「冷蔵庫のちょっと古くなった野菜たちが、なんとかしてカレーの具になり人間に食べてもらおうとする」という話でした。

黒川陽子「でもアイデアが一個だけって、なんか寂しいね」
モスクワカヌ「よし、仕事してる感をだすためにもう一個くらいアイデアだしとこう」

そんな小細工を弄するためのやり取りの後、学校の怪談をモチーフにしたプロットも前述の野菜ネタとあわせて提出したところ、まさかの怪談ネタが採用。

ここだけの話、野菜ネタを自信満々で推してた黒川陽子とモスクワカヌ。
学校の怪談ネタについては全然詰めてなかったので、2人で慌てて打ち合わせをした覚えがあります。

作風も持ち味もまったく違う2人ですが、ともにアイデアをだしあい、時には潰しあい、楽しんで書いた作品だったので、受賞はとっても嬉しいです。

後藤浩明さん作曲の素敵な劇中歌もある『おばけかいぎ』。
書店で見かけましたら是非お手にとってみてくださいませ。

上演のご連絡もお待ちしております!

http://www.bansei.co.jp/index/mokuroku/zassi/19/19%94N9+10%8c%8e%8d%87%95%b9%8d%86.html

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR