劇作家女子会!出演者紹介~なおえもん、改め、直江里美さん 編

2013.06.10 00:12|人物
いよいよ初日が近づいてまいりました。劇作家女子会!

6月13日より、王子小劇場にて公演です

公演に先んじて、今回の女子会!出演者達のご紹介をさせて頂きたく、不肖私、筆をふるわせて頂きます。

ちなみに、出演者の方それぞれから、

自己紹介文
女子会!への意気込み

を頂いておりますので、あわせてご紹介いたします。

出演者紹介。
1人目はこちらの方




直江里美さん。
時間堂の劇団員の女優さんです。

モスクワカヌ作「バースデイ」、坂本鈴作「親指姫」にご出演いただきます。
まずは直江さんからのコメントをば。

①自己紹介
食べることが大好きで、餅と団子をこよなく愛する時間堂の大食いキャラ担当でした。が、最近はそうして失いかけた女子力に危機感を抱き、劇作家女子会!共演のお姉さま方にアドバイスをもらいながらダイエットや美容に励んでいます。

②意気込み
今回は2作品に出演します。どちらの作品も、個人的には今までやった事ない創り方のお芝居なので、自分の経験値にできるように頑張りたいし、その新しさを楽しんでいきたいです。

餅と団子・・・・。なんというか、うん。字面がもう、カロリー高い。

でもね、彼女を前から見てた人にはわかると思います。直江さんは、確かに、痩せて綺麗になった・・・・。

直江さんはダンスをされていたためか、とても姿勢がよく、足もまっすぐで大変スタイルがよいです。
それなのに、演出からよく「なおえもん」と呼ばれているのは、彼女が餅と団子の愛好者だった名残なのかどうなのか。

劇作家女子会!公演であるにもかかわらず、肝心の劇作家女子といえば、坂本鈴はだんだんすっぴんとなり、黒川陽子は渡仏までしたのにあまりレベルアップせず帰国し、モスクワカヌには最初から眉毛がなく、オノマリコは首の手術後を縫わずにテープで止めているという。。。

初日が近づくにつれ、女子から遠く離れている・・・・。

そんななか、着実に女子に磨きをかけている直江さん。
この、着順に一歩一歩成果をだすスタイルが、役者としての彼女の美点でもあるのでしょう。

今回は、女子会!でしか見られないであろう直江さんが舞台上で、いろんな方向に弾けています

一皮も二皮も、もしかしたら三キロくらい肉もむけた直江里美さんに、ご期待ください。

劇作家女子会!
チケットのご予約はこちら

劇場で、お待ちしております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR