記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇作家女子会!フライヤーなど着々と。

先日のさらなる情報公開を経て、じりじりと、その全容が明らかになりそうな劇作家女子会!

本公演のフライヤーでは、なみいる素敵出演者を押しのけて、普段表舞台にあがることのない劇作家たちがセンターを陣取るという・・・・・

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

ならぬ

「フライヤー、みんなで写れば怖くない」

精神が炸裂した仕上がりとなっております。

しかし、撮影&画像作成&修正の、杉崎壮一さんの素敵センスで、か~な~り素敵な仕上がりに

フライヤー撮影当日、ヘアメイクの原さんが盛りに盛ってくれた私たちの女子感を、さらに盛り上げてくれています

といいつつ、被写体の私たち四人、普段は舞台裏とか舞台袖とか稽古場にしか出没せず、スポットライトはおろかどうかすると日光にすらまともに当たりなれていない劇作家という人種のため、一同、じゃっかん、びびり気味。

なにとぞ・・・・

なにとぞ・・・・

皆様のお目に届いた際には温かい目で・・・・・生ぬるい目とかじゃなくて、ほんとにあたたかい目で・・・・

腹とか二の腕とかへのダメ出しはナシでお願いいたします
あ、でも坂本りんさんの絶対領域は注目

このポストカードやフライヤーのための撮影会。
麻布のオシャレカフェの一室を借り、ランチしつつ行われたのですが、撮影者の杉崎さんと演出の黒沢さんの女子力オーラに、劇作家女子4人が若干かすむ残念な感じに。

4人がかりで囲んでも、ヒゲの演出家と男子カメラマンに勝てた気がしない。

黒澤氏の女子力について、本気で考えてみた劇作家女子たち。

黒川陽子「ランチをシェアするところじゃないでしょうか?」
坂本りん「あー確かに!今もみんなの注文するもの聞いて、なるべくバラバラになるようにしてたし!」
黒澤世莉「いろいろちょっとずつ食べれたほうがよろしくない?」
オノマリコ「うちらみんな自分が食べたいもの頼んだー。」
モスクワカヌ「その結果4人中3人が同じメニューに!」
坂本りん「あとオシャレなカフェに詳しいとことか。」
オノマリコ「今日の場所はねー杉崎さんおすすめだよー。」
モスクワカヌ「あと、世莉さんよく気がつきますし。」
オノマリコ「あと、あれだよ、リンネルとか読んでそうなところ。」
黒澤世莉「さっきから誰も幸せにならない会話が繰り広げられてるけど。君たちなにを削りあっているんだい?」

しかし、上記の一連の会話のなかで、私、モスクワカヌは学びました。
そうか・・・・・ランチをシェアするのは女子っぽいのか・・・・・・

ようし!早速実践だ!

モスクワカヌ「世莉さん!私のスパゲッティのお肉あげます

女子力、アーップ
これが株式なら一部上場の勢いだ

坂本りん「ワカヌちゃん、それドライトマトーーー

だいぼうらーく。。。

普段食べつけない、なんとかとなんとかのアーリオオーリオ的なものを注文したばかりに・・・・。
女子力アップの機会をうしなった私。

しかし、女子力が低いの、ぶっちゃけ私だけじゃありません。
新人賞受賞作家で、栃木の汚れない空気のなかで暮らしているせいか、お肌と目がとても綺麗な黒川さんいわく、

黒川陽子「私、けっこう干物ですよ?」
モスクワカヌ「ええ?意外・・・・。」
坂本りん「いや、けっこう、そうだよ、この子。」
黒川陽子「お風呂からあがっても、髪乾かさないし、化粧水とかつけないし。」
坂本りん「うん。それやめて。つけて。」
黒川陽子「って、泊まりにいくといつも言われます。

美しく上品な見かけによらない黒川さん。そして、さすがのりんさん。

黒澤世莉「なんか坂本さんだけ、あれだね。女教師みたいなかっこしてる。」
坂本りん「夜の女教師って感じですよね。。。。。」

いや、それが素敵です、りんさん。

坂本りん「私たちが女子を語るとき、そこには二つしか道はないよ?嘘つくか、負けるか。

ランチの最中にでた、上記の名言もかっこよすぎました。

黒澤世莉「オノマリコは、女子力というより女王力、なんだよな。」
オノマリコ「えー。」
坂本りん「ごめん。今すごい腑に落ちた。」
オノマリコ「あー。でも、にっこり笑って「お前やれ。」っていうことは多いですねー。(にっこり)」

ちなみにこの後、リコさんは世莉さんに「ジャイアン」、坂本りんさんに「奴隷商人」のあだ名も頂戴しておりました。

黒澤世莉「モスクワは女子をあきらめてない感じがするのに、それがあらぬ方向に向かってるから残念だよね。」

モスクワの女子力が演出家評により0からのスタートどころじゃない件について。
女子の国のネバーランドを斜め上に飛び続けるピーターパン、ていうか、女子の国が私にはネバーランド。。。。


そんな、干物と女王と女教師とピーターパンが頑張ってるフライヤー。
もうまもなく、皆様にお届けできますので、くれぐれも、温かい目でチェキラしてください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新トラックバック

Visitor

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。