FC2ブログ

「劇作家女子会!R」出演者オーディションが終了しました。

2016.02.29 10:45|日々のこと
「劇作家女子会!R」の出演者オーディション、おかげさまで多くの方にご参加頂き、無事に終了致しました。



二日間にわたるオーディションでは、演出家の古川貴義さんによるスムーズな進行と采配で、女子会。メンバーそれぞれの台本をじっくり演じて頂きました。

メンバー4人の作劇タイプがまったく違うので、全て演じてもらうことで個々の俳優の色や形がどんどん見えてくるのが面白い。
身体が武器になる方、ダイアローグでの柔軟さが素晴らしい方、モノローグでの世界観の立ち上げが秀逸な方、変化球を繰り出し続ける方、職人のように手堅く安心感のある方・・・・・・。

色彩豊かな俳優陣にご参加頂けて、審査をするのに嬉しい悲鳴をあげています。

すでに台本の構想や役柄がある程度決まっている段階でのオーディションでもあり、全ての方とご一緒できないのは残念ですが、女子会。メンバーも、よい脚本を書いてよい舞台にするぞ!という気持ちをあらたにしました。

私たちに会いにきて下さった参加者の皆様、そしてご応募頂いた皆様との出会いに、心より感謝致します







劇作家女子会!プレ・パーティーの御礼。そして次回公演!

2015.11.26 23:18|日々のこと
劇作家女子会!プレ・パーティー!



おかげさまで、大勢のお客様にご来場を頂き、盛況のうちに終えることができました。

謎のイベントに足を運んでいただいたお客様方。

トークを盛り上げてくれたゲストの古川貴義さん、黒澤世莉さん、北川大輔さん。

リーディングに出演してくださった河南由良さん、粕谷大介さん、木内コギトさん。
そして当日に会場でお力添えをいただいた鈴木さん、佐々木さん。

皆々様に感謝をこめて、この場で御礼申し上げます

そしてイベントでも告知をさせて頂きましたが、我ら劇作家女子会。

来年7月、王子小劇場にて、公演、うちます

タイトルは
「劇作家女子会!R(リターンズ)!」


オノマリコの
「セーラームーンっぽくいきたい」
という一言で、アラサー女子のバイブルを踏襲した恐れ多いタイトル・・・・。

キャッチコピーは「王子から世界へ」

そして劇作家女子達の作品は全員新作

演出には箱庭円舞曲の古川貴義さんをお迎えし、まだまだ全貌は見えないまでも、スケールは大きそうな次回公演。

公演までに、今回のようなパーティー・イベントもちょくちょく開催していく予定ですので、どうぞお楽しみに

来年の夏、王子小劇場での2013年の初演から、ひと回りもふた回りもでっかくなって帰ってまいりますので、皆様どうぞ劇作家女子会。をよろしくお願いいたします

前回演出の黒澤世莉さん(時間堂)に、動画日記をとって頂きました。
こちらからどうぞ。

そしてプレ・パーティーの様子を、ちょっとだけご紹介。



満席のスタジオ。


オノマリコ作の「キョウダイ」をリーディングした2人。



黒川陽子作のリーディング「手のかかる子供」の出演者。





「Bar Rin」と「ビストロ・ワカヌ」。



黒川陽子さんのお手製のしおり。

私達も、とっても楽しかったです

ありがとうございました





【女子会!プレ・パーティー!】「BAR RIN」「ビストロ・ワカヌ」開店準備中!

2015.11.14 11:13|日々のこと
11月24日のプレ・パーティーに向けて、準備に余念のない女子会一同。

昨日は、メンバーのオノマリコさんのご実家の台所をお借りして、パーティー用メニューの試作会を行いました。

ちなみに、メニューの考案・作成担当はモスクワカヌです。

リコさん「試作会しようか・・・」
鈴さん「賛成です

というわけで、モスクワカヌ、オノマリコ、坂本鈴の3人で、パーティーメニューの試作会をすることに。

遠方の黒川陽子さんは、今回は残念ながら欠席です。

チャレンジする料理は、モスクワカヌの心の故郷、ロシアの定番料理である「ボルシチ」。

材料を揃えて、いざ、レッツ・クッキング

モスクワカヌ「メニュー担当として、今回は私がメインで調理します」
リコさん「レシピによると、まず全ての野菜を千切りにするそうだよ」
モスクワカヌ「ラジャ~

トントントン・・・・(包丁で野菜を切る音)

リコさん「ワカヌちゃん。それは千切りじゃなくてみじん切りだよ」

リコさん「ワカヌちゃん、それはザク切りだよ」

リコさん「ワカヌちゃん、もっと細く切ろうという意思を持とうか」

リコさん「ワカヌちゃん、生肉を切った後のまな板で野菜を切っちゃいけないのは知ってる?」

リコさんにツッコミを受けつつ、粛々と料理をすすめるモスクワカヌ。

パーティーでは人様にお出しするものですから、美味しくなるように、もちろん衛生面にも気をつけて、真剣に慎重に調理をすすめます。

モスクワカヌ「全ての材料を切り終わったら、肉から炒めて1時間煮込む!」
オノマリコ「ワカヌちゃんがレシピどおりに料理を・・・!成長してる・・・!」
坂本鈴「え、それ成長なの?」
オノマリコ「昔はレシピどおりに作ったら負けた気がするって言ってたのに・・・!」

リコさん、鈴さんの手助けをえて、ボルシチを煮込み終わったモスクワカヌ。
最後にディルという香菜とサワークリームをそえて完成です


鈴さん「美味しい
リコさん「うん。大丈夫だ」

無事に2人のお墨付きをもらえました✨

24日のパーティーでは、ボルシチの他軽食も用意した、モスクワカヌの「ビストロ・ワカヌ
そして坂本鈴さんの「BAR RIN」が開店しております。

ご来場頂けるお客様に楽しんでもらえるように、女子会一同、おもてなしの準備を着々とすすめております。

女子会。としては2年半ぶりのイベント

11月24日の夜は、王子スタジオ1で、ぜひぜひ私達と再会してください
もちろん、初めましての方も大歓迎です

ご来場をお待ちしております

劇作家女子会!プレ・パーティー!

日時
11月24日(火)
18:30 開場/19:00開演
※約2時間を予定してます。

場所
王子スタジオ1

チケット
1000円(1ドリンク付き)

ご予約はメールにて受付中です。
gekisakujoshi@gmail.comまで、お名前と枚数をお知らせください。

ゲスト
黒澤世莉(時間堂)
古川貴義(箱庭円舞曲)
北川大輔(カムヰヤッセン)
河南由良(劇団だるめしあん)
木内コギト(\かむがふ/)
粕谷大介
with
劇作家女子会!

イベント

リーディング
「キョウダイ」作・オノマリコ
坂本鈴・河南由良

「手のかかる子供」作・黒川陽子
粕谷大介・木内コギト

劇作家女子会!プレ・パーティーのチラシが出来ました!

2015.11.10 16:04|日々のこと
劇作家女子会!メンバーの黒川陽子さんが、プレ・パーティーのお知らせのためにチラシを作ってくれました



このハンドメイドで愉快な感じ

チラシにのってる女子会!メンバー四人のイラストは、なんと陽子さんの直筆です

誰が誰だかわかりますでしょうか



陽子さんいわく、「ブラジャーをポイッてしてる」らしい坂本鈴さん。

鈴さん「なぜブラジャーを・・・」



陽子さん「心のおもむくままに描いたリコさん。人差し指をヒョイッとやると、車や花束やお洋服が手に入るイメージです」
リコさん「すてきやでもなんだそのイメージは 笑
鈴さん「なんか万能感がすごい伝わってくるよ



こちらはモスクワカヌ。

モスクワカヌ「おお、似てる下がり眉と口元の感じか・・・



陽子さん「黒川です。猫か何かの着ぐるみをきせました」

劇作家として新人戯曲賞も受賞されている陽子さん。
戯曲だけでなく絵も描ける怖ろしい子・・・
天は彼女に二物を与えたもうた・・・。

このレアなチラシは王子小劇場の公演にて折り込まれる予定です。

メンバーそれぞれに、パーティーに向けて色んな企みや準備を実行中

2年半ぶりの女子会!で、ぜひぜひ私達と再会してください

イベントのゲストや内容の詳細はこちらから


チケットは1ドリンク付き1000円を、メールにてご予約受付してます。
gekisakujoshi@gmail.comまで、お名前とご希望の枚数をお知らせくださいませ。

皆様のご来場を心よりお待ちしております

女子会!のたくらみ

2015.06.11 12:59|日々のこと
昨日の夜は、新宿で劇作家女子会!の会議がありました。

いつものメンバーにくわえ、のゲストをお迎えして、いろいろふんわり企み中です。

坂本鈴「女子会での話し合いで、ぜひ   さんにということで決まったんで」
ゲスト「決まったんかい(笑)」
オノマリコ「タイトルはで」
モスクワカヌ「ねえ、まだ全然あれだけど、×劇作家女子会!って、すごい字面がいい!」
ゲスト「レタリングする人が喜ぶ並びだね...」

エトセトラエトセトラ

会議のあとは、場所を変え、諸々打ち合わせをつめるべく新宿「思い出横丁」へ繰り出す4名。
ビールと梅酒で乾杯🍻





黒川陽子「リコさんの目が笑ってないけど大丈夫?」
オノマリコ「カメラに向かうと笑えないんだよね...そうだ!ワカヌちゃんの方を向こう!」
ワカヌ「なんでやねん」

というわけで、再チャレンジ。



ワカヌ「私、でこっぱちだ...前髪つくるわ」
坂本鈴「何その写真の感想」

坂本鈴さんの劇団だるめしあんが、東京・熊本公演を控えている話や、オノマリコさんの団体「趣向」の次回作についての話、黒川陽子さんの女子高時代やモスクワカヌの恋愛?論、今夏どっか遊びに行こうぜー等等、女子4名の話は尽きません。

モスクワカヌ「皆で焼き鳥をシェアしている女子っぽい写真をあげよう」
オノマリコ「チョイスが焼き鳥屋の時点で、もう女子っぽくないよ」



デザートに生チョコを頼んで、女子力アゲしときました。





思えば去年の6月10日は、劇作家大会のため、皆で城崎に向かった日。
あれからもう1年、そして最初の女子会!公演からはもう2年になります。

喧嘩別れもせず、演劇観の相違から空中分解もせず、男を取り合うこともなく、「また面白いことしよーよ」って皆で集まることできるのが、とっても嬉しい

そんなこともお話して、皆でにこにこした夜でした。

皆様に情報公開できるのは、まだ少し先になりそうですが、また色々面白いことをたくらみ中なので、乞うご期待くださいませ









08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Profile

劇作家女子会。

Author:劇作家女子会。
「死後に戯曲が残る劇作家」を目指す劇作家女子4人組。

メンバーは
坂本鈴(35歳)
オノマリコ(33歳)
黒川陽子(33歳)
モスクワカヌ(32歳)

劇作家女子会のtwitterはコチラ

最新記事

カテゴリ

LINK

Visitor

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR